RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イスラエルメディア「コロナワクチンを接種すれば“幸いにも”楽に死ぬことができる」と問題発言

, …

イスラエルのメディアが、コロナによる死者20人のうち15人はワクチンを接種していたため、“幸いなことに”軽い症状で亡くなったと報道し、問題視されています。

https://twitter.com/OdNezu/status/1421157949121212417?s=20

ワクチン接種を受ける人たちは、コロナに感染して死にたくないから接種を受けるのであって、楽に死にたいから接種を受けるわけではありません。

しかも、本当に軽い症状だったのであれば、死に至ることはなかったのではないでしょうか。

実際、ワクチンによる副作用は壮絶で、多くの人たちが苦しみの末に死亡し、かろうじて死を免れた人たちも重篤な障害を負い、地獄のような苦しみを背負って生きることになります。

○【女性セブン】コロナワクチンによる死者355名の死因リスト公表

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○【アメリカ】医療従事者の女性、ファイザー製コロナワクチンを2回接種後、両手両足が壊死して切断

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

もっとも、ユダヤ人たちはこれまで人口削減のために、大勢の人たちを残酷極まりない方法で殺害してきましたので、それに比べれば、まだマシな死に方をしているとでも言いたいのかも知れません。

ユダヤ人たちはまともな感覚すら失い、ワクチン接種による死すら“幸い”だと勘違いしてしまっているようです。

このように報道するからには、まずはユダヤ人たちが率先して自らワクチン接種を受け、幸いな死を体験してみればよいかと思います。

○ユダヤ人は全世界に散らばり、各国に潜伏して富や権力を吸い尽くしてきた寄生虫

○イスラエルで再びコロナ茶番が再開 デルタ変異株で子供たちが感染していると嘘をつくユダヤ人

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment