RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

日本小児科学会と日本小児科医会が子供たちに不織布マスクを推奨 酸化グラフェンを大量に吸引させ、コロナ感染を捏造しようと目論む

, …

日本小児科学会と日本小児科医会は、コロナ変異株による感染拡大に伴い、2学期の学校活動にあたって、「効果的な感染対策を徹底する必要がある」と提言し、具体例として、通気性やファッション性の高いウレタンを使ったマスクではなく、不織布マスクを着用すべきだと訴えました。

この発表に伴い、奈良市教育委員会は、市内の小中学校で不織布マスクの着用を「原則」と定め、家庭で用意が難しい場合、配布するとしています。

また、佐賀県教育委員会は「不織布マスクの着用を推奨する」として、小中学校を通じて不織布マスクを配布するとのことです。

今後、子供たちに不織布マスクを着用させる動きが全国に広まっていくものと見られます。

このように子供たちにわざわざ不織布マスクを着用させるのは、不織布に含まれる「酸化グラフェン」を大量に吸入させるためだと考えられます。

酸化グラフェンは、コロナワクチンにも含まれており、人体にとって猛毒で、取り込む量が多いほど死亡するリスクが高まります。

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

にもかかわらず、「酸化グラフェンには抗ウイルス効果がある」などとしてマスクの素材として積極的に用いられています。

○酸化グラフェン市場-タイプ別(粉末ベースおよび溶液ベース);アプリケーション別(複合材料、塗料、コーティング、インク、エネルギー貯蔵と変換など);最終用途産業別–世界の需要分析と機会の見通し2029年

今後、不織布マスクの使用が常態化すれば、子供たちの間で肺炎症状になるケースが続出し、コロナ感染をさらに演出できることは間違いありません。

そうしておいて、子供たちに猛毒のコロナワクチンを接種させなければならないと言って、世論をさらにコントロールしていくつもりなのでしょう。

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

もっとも、不織布マスクに限らず、マスクを着用すること自体、子供たちの脳に悪影響を及ぼし、成長の妨げとなり、非常に危険ですので、保護者たちが声をあげてマスク着用を止めることが重要だと言えます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment