RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イスラエルで再びコロナ茶番が再開 デルタ変異株で子供たちが感染していると嘘をつくユダヤ人

イスラエル保健省は25日、国内でのコロナの感染再拡大を受け、屋内でのマスク着用を再び義務づける措置を取りました。

規制は15日にいったん撤廃されていましたが、感染力が強いデルタ株(インド型)の変異ウイルスへの警戒から、わずか10日で復活を余儀なくされた形です。

保健省は、屋外でも大規模イベントの際などはマスクを着用するよう呼び掛けており、コロナ対策の責任者は「今のところ重症者の数は増えていないが、2、3週間後に多くなる(恐れがある)」と指摘し、強い警戒心を示しています。

イスラエルはどの国よりも先駆けてコロナが収束したと報道されていましたので、イスラエルのユダヤ人はもうコロナ茶番が嫌になって手を引いたのかと思われましたが、一時的に休憩を取っていただけだったようです。

〇【創価国】コロナの恐怖を我先にと煽ってきたイスラエル、いち早く規制解除で茶番から脱却

しかも今回は、当初ワクチン接種の対象外だった15歳以下の子供への感染が多いと報じられていることから、子供たちはコロナに感染しにくく、感染しても無症状ですぐに回復するという設定を覆そうとしています。

○イスラエルでコロナ感染増 ワクチン未接種の子供多数

○【コロナは怖くない】コロナに感染した子供の半数は無症状 9割は治療せずに回復

現在、イスラエル当局は、コロナワクチンの対象年齢を12歳以上に拡大しており、今後は子供たちにも積極的に接種が行われる可能性があります。

イルミナティはワクチンを使った人口削減を推し進めようとしていますが、彼らが想定していたほどの成果が得られなかったために、ワクチン接種のターゲットを幼い子供たちにも広げたのかも知れません。

ご存知の通り、イスラエルの都市・エルサレムは、大本教の拠点である京都府綾部市と「姉妹都市協定」を結んでいます。

○なぜ綾部市はエルサレムと友好都市になったのか?

○NWO(世界統一政府)の提唱者がフリーメーソンであり、日本人であるという確たる証拠。

○RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

そして、大本教の教祖・出口王仁三郎もユダヤ人(李家)であることが判明しており、彼もイスラエルの首都エルサレムを聖地として重視してきました。

そしてコロナ茶番は、王仁三郎の予言を元に実行されていますので、やはりイスラエルに住むユダヤ人たちも、その予言通りに日本のユダヤ人と結託し、コロナ茶番を懲りることなく続行しようとしているのでしょう。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

こうして悪なるユダヤ人が世界中で活動を続ける限り、コロナパンデミックが続行され、それに伴った人口削減計画など様々な悪なる計画が実行されつづけることになりますので、彼らユダヤ人の滅びをさらに強力にお祈りしなければなりません。

○【コロナより危険】イスラエルの宗教行事で押し合い 44人死亡

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment