RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【反日メディアNHK】引っ越しした国民の住民票を無断で取得し、勝手に更新契約していたことが判明 全国の自治体の転入届もくまなくチェック

先日、NHKが国民のライフラインを担う水道・ガス・電気会社の顧客情報を提供するよう総務省に求めていたことが判明しましたが、さらに今回、契約者の住民票を無断で取得し、勝手に更新契約していたことが明らかになりました。

○【反日メディアNHK】総務省に電気・水道・ガス会社が保持している顧客情報の提供を求め、“警察の捜査権”に等しい力を手にしようと目論んでいたことが発覚

以下のツイートによると、NHKは引っ越しをした人から住所変更の届出がない場合、本人に無断で住民票を取得し、勝手に更新契約をしているとのことです。

さらに、国民から受信料をむしり取るために、全国の自治体の転入届をくまなくチェックしているそうです。

NHKによる住民票の無断取得について、「問題あり」と多くの人がアンケートに回答し、批判の声を上げています。

このように一庶民をつけ回して受信料を請求する様は、まさに集団ストーカーそのものだと言っても過言ではありません。

もっともNHKは、集団ストーカーを囲っている創価学会や李家と一体化していますので、職員などを使って集団ストーカーをさせていたとしても何ら不思議ではありません。

○【李家の洗脳メディアNHK】2022年の番組改革で「紅白歌合戦」をやめる可能性を示唆

このようにNHKの存在は、私たち国民にとって百害あって一利なしですので、一刻も早く解体されますことを心から願うばかりです。

○【反日メディアNHK】“国の借金減らす効果的な増税策”を高校生に議論させる洗脳教育の現場を取り上げ、批判殺到

○【反日メディアNHK】子供へのコロナワクチン接種を懸念する親を「心の病」であるかのように報道し、批判殺到

○【反日メディアNHK】マスクをした子供たちに鍵盤ハーモニカを演奏させる学校を絶賛して報道し、批判殺到

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment