RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【山口県】「コロナ感染者の過半数が10歳以下」と嘘をつき、子供たちへのワクチン接種を推進

, …

山口県は、11月に県内でコロナの感染が明らかになった52人のうち、10歳代以下の子供が過半数の27人に上ったと発表しました。

感染原因について、就学前施設で集団感染を起こしたことに加え、12歳未満の子どもたちがワクチン接種の対象外であるためとしており、あからさまに子供たちへのワクチン接種の必要性をアピールしています。

このように県も政府とグルになってコロナ茶番を煽り、子供たちにワクチンを接種させる口実をでっち上げているわけです。

○5~11歳へのコロナワクチン接種、早ければ来年2月に開始 幼児まで殺戮しようと目論む日本政府

現在、12歳以上の子供への接種を実施していますが、もう既に多くの子供たちが重篤な障害を負い、死亡していることが判明しており、マスコミもヤブ医者たちもごまかしきれないところまで来ています。

○13歳の少年が、2回目のコロナワクチンを接種した4時間後に死亡

○【鎌倉市】10代の子供がコロナワクチンの副反応で死亡 市議会議員が暴露

これまでコロナワクチンの接種を強要し、「反ワクチンはゴキブリと同じ」などと非常識極まりない暴言を吐いてきたヤブ医者「村中璃子」までもが、手のひらを返したように「全ての人に一律にワクチンを推奨してきた日本の専門家は少し反省したほうが良いと思う」などとツイートし、茶番から離脱しようとしています。

茶番に関わってきたイルミナティたちも、ワクチンの危険性が世間に広く知れ渡ってきたため、さすがにまずいと思って主張を翻し、保身に努めているのでしょう。

しかし今回の報道のように、依然としてワクチン接種を推進する動きも根強く残っていますので、卑劣な人口削減が一刻も早く中止されるよう、つづけて強力にお祈りしなければなりません。

○【治験の意味なし】ファイザー製コロナワクチンの治験に参加し、重篤な障害を負った13歳の少女の事例がもみ消される

○ファイザーがコロナワクチンを打っても打たなくても「死亡率」は変わらないと発表 接種しても無意味だと自ら証明し、波紋を呼ぶ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment