RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ファイザー社CEOのブーラが逮捕 コロナワクチンの治験データ改ざんにより顧客を騙し、政府機関やマスコミに多額の賄賂を支払って情報統制した疑い

, …

ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は5日、ニューヨーク郊外の高級住宅地・スカーズデールにある自宅でFBIに複数の詐欺罪で逮捕・起訴され、現在、拘束されていることが明らかになりました。

FBI捜査官は、彼の自宅と国内に所有する複数の不動産の捜索令状を執行中とのことです。

ブーラCEOは、コロナワクチンの有効性について嘘の情報を提供し、顧客を欺いたとして、詐欺罪に問われている上、治験データを改ざんの事実を口封じするために、各方面へ多額の賄賂を支払っていたことが告発されています。

○【元ファイザー社員カレン・キングストンによる告発】ファイザー社のブーラCEOは、コロナワクチンが身体障害を引き起こし、死を誘発することを最初から知っていた

○【治験の意味なし】ファイザー製コロナワクチンの治験に参加し、重篤な障害を負った13歳の少女の事例がもみ消される

さらにブーラCEOは、こうした情報の拡散を防ぐために、主流メディアにも多額の金を支払って情報統制していたことや、治験データを改ざんしていることを内部告発した社員を解雇したことについても非難されています。

○創価企業ファイザーが、コロナワクチンの治験データ改ざんを内部告発した社員を解雇

以上のことから、ブーラCEOはいつ逮捕されてもおかしくない状況にあったわけですが、自身もそれを自覚していたのか、既に自社株を売り払っていることが判明しています。

○ファイザーとモデルナの会長らは、既に自社株を売り払っている 薬害訴訟などで株価下落を想定してのことか?

ブーラCEOは、長い歴史の中で人々を支配し、大量殺戮を繰り返してきたユダヤ人の血を引いており、そんな彼がこうして逮捕されたということは、それだけユダヤ人の権力が弱まってきている証拠かも知れません。

現在、世界各国の政府・マスコミは、ブーラCEOの逮捕について全く報道していませんが、既にネット上では大きな反響を呼んでいます。

日本政府が「第6波」をでっち上げ、3回目のワクチン接種を実施しようとしていた矢先の出来事のため、彼らにとっては大きな痛手となるに違いありません。

今回のブーラCEOの逮捕によって、コロナワクチン接種が全世界で完全に中止されますことを心から祈ります。

○創価企業ファイザーが、薬害によって多くの人々を殺害してきた歴史

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment