RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業シオノギ製薬が、コロナワクチンの大規模人体実験を実施 対象者は日本人3000人

, …

大阪に本社を置く「塩野義製薬」は、開発中のコロナワクチンについて、およそ3000人を対象にした大規模な臨床試験に入ったことを明らかにしました。

塩野義では、今年8月から日本人の成人60人を対象に、初期段階の臨床試験を進めてきました。

今回の試験では、日本人の成人およそ3000人を対象に、1人につき2回の接種を行い、有効性などを確認し、年内にさらに大規模な臨床試験を行う予定としています。

最終試験でも安全性や有効性が確認できれば、年度内にも国に承認を申請するとのことです。

塩野義は、自社のワクチンを「国産」と謳っていますが、同社は中国企業とズブズブの関係にあり、なおかつ創価企業としても知られています。

○イソジンでボロ儲けした創価企業シオノギ製薬が、鼻腔に投与するコロナワクチン開発に着手 人口削減を簡易化し、かつ中国に利益誘導

現在、海外製のコロナワクチンの接種が進むにつれ、同時にワクチンの危険性も広く知れ渡ってしまい、今や誰もワクチンを接種したがらない状況となっています。

○【コロナ茶番終了】日本各地のワクチン集団接種会場の予約が埋まらず次々と閉鎖

そこで「国産」と謳ったワクチンを普及させれば、「国産ならまだ安心できる」と思い、接種する人も出てくるかも知れないと考えたわけでしょう。

日本の国土を乗っ取りたい李家・創価学会の勢力は、日本人を一人も残らず殲滅したいと考えていますので、今後、続々と国内の製薬企業にワクチンを製造させ、ワクチン接種を進めていくつもりなのでしょう。

このように、李家や創価学会は、人口削減計画を未だに諦めることなく、大量殺戮を推し進めようと悪あがきしていますので、一刻も早く全てのイルミナティが滅び去るよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment