RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

アメリカで最大の農地を所有するビル・ゲイツ ワクチンのみならず、遺伝子組み換え作物による人口削減を計画

, …

2021年1月に発表されたThe Land Reportの分析で、ビル・ゲイツがアメリカで最も多くの農地を所有していることが明らかになりました。

その広さは約980平方kmにも及び、余りに広大なため、衛星からでもその農地をはっきりと確認できるほどです。

しかもビル・ゲイツは、アメリカのみならず、インドでも土地を買い占めようと計画していることが判明しています。

ビル・ゲイツは、現在ワクチンを使って人口削減を進めていますが、彼がこうして農地を買い占めているのも、やはり人口削減を加速させるためだと言われています。

昨今、食品の安全性について様々な問題が指摘されていますが、特に危険視されているのが「GM」と呼ばれる遺伝子組み換え作物です。

また、「F1種」と呼ばれる、よく育つ一方で種子がきちんと作られない作物も登場し、こうした自然界の法則に反した作物は、人体に害を及ぼす可能性が高いと、かねてより警鐘が鳴らされてきました。

しかしビル・ゲイツは、遺伝子組み換え作物は「全くもって健全」だと主張し、さらに「こうした繁殖技術は、世界の飢えや栄養不良の撲滅のための重要なツールだ」とも語っています。

○ビル・ゲイツ氏、遺伝子組み換え作物は「全くもって健全」と主張 —— 科学者も同意

もちろん彼のこの発言は全くのデタラメで、GM作物を使った動物実験では、その危険性が既に証明されています。(こちらのサイトでは、GM作物の危険性が分かりやすくまとめられていますので、ぜひお読みになってみてください。)

○サルでも分かる遺伝子組み換え

GM作物の危険性を示す実験で、GMコーンを食べさせつづけたネズミに、いずれも頭と同じくらいの大きさの腫瘍ができるという結果が出ています。

この実験では、除草剤を使わずに育てたGM作物を食べるだけでも、体に異常が現れることが明らかになっています。

また、GM大豆の粉末をネズミに与える実験では、「GM大豆を食べたネズミが産んだ子」の死亡率が「普通の大豆を食べたネズミが産んだ子」の死亡率に比べてはるかに高く、仮に死ななかったとしても発育が著しく悪いことが明らかになっています。

したがって、こうした健康被害が人間にも同じように現れる可能性は高いと言えるわけですが、現代人の中には体内に腫瘍ができる人が大勢います(もっとも、RAPT理論によって解明された通り、腫瘍によって死ぬことはありませんので安心してください)し、昔に比べて病弱な子供も増えています。

ここ最近コロナをきっかけに、ワクチンの危険性が広く知られるようになりましたが、GM作物や栽培に使用される農薬もワクチンと同じくらい危険だということです。

しかも、GM作物を推奨するビル・ゲイツが、アメリカで最も広大な農地を所有しているのですから、これがどれほど危険なことだと言えるでしょうか。

実際、日本の自給率は、トウモロコシ、ワタおよびナタネでは0%、ダイズでは6%となっており、国内需要のほとんどを海外からの輸入に頼っていますし、こうした輸入作物のほとんどがGM(遺伝子組み換え作物)です。

○日本での利用状況

ですから、私たちが普通に生活する上で、GM作物を食べないようにすることは不可能だと言ってもよいぐらいです。

このようにビル・ゲイツは私たち庶民から食べる喜びすらも奪い、恐怖へと変えようとしているわけですが、今回、彼が離婚するにあたって、この広大な農地も分割される可能性があると報じられています。

○アメリカ最大の農地所有者、ビル・ゲイツの約980平方km…離婚によって分割される可能性

もっとも、ビル・ゲイツは今後もさらに多くの農地を買い漁り、GM作物を使った人口削減を推し進めていくつもりでしょうから、私たちは常に彼らの動向に目を光らせ、かつ健康に関する正しい知識を身につけて、一生涯、元気に生きられる健康な体をしっかりと作っていかなければなりません。

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment