RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ対策連絡会議】日本のJリーグとプロ野球界でも3回目の接種を推進 製薬会社から謝礼金を受領したヤブ医者たちの狂気

プロ野球とJリーグによって設立された「コロナ対策連絡会議」の第44回が29日、オンラインで行われ、専門家チームが変異株「オミクロン株」についての情報提供し、3回目の接種について議論しました。

愛知医科大教授の三鴨廣繁は、「(1、2回目の接種で)発熱、局所反応など副反応があられた方が『ワクチンはもういいや』という差し控えがないようにすることが大事、という議論もなされた」と報告しました。

三鴨廣繁

三鴨廣繁は、かねてより3回目の接種に意欲的で、選手たちをワクチンで殺戮してきた犯罪者の一人であり、ファイザーをはじめとした製薬会社から、莫大な謝礼金を受け取ってきたことが判明しています。

○プロスポーツ選手のコロナ対策専門家・三鴨廣繁が3回目接種を推進 中日の職域接種説明会を担当し、選手をワクチンで次々と殺戮

https://twitter.com/yasu_boy/status/1391334758408364034?s=20

現在、世界中のスポーツ選手が、コロナワクチン接種による副反応により、心臓を患って引退を余儀なくされたり、死亡したりしていますが、こうした事実を伏せて行われる会議など何の意味もありません。

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

○【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

こうして日本のスポーツ選手も、製薬会社から送られた悪徳セールスマンによって選手生命を絶たれ、命すら奪われかねない事態に直面しています。

このような動きに対し、選手たちは全く反対する姿勢を見せていないようですが、反対できないほど圧力をかけられているのか、それとも完全に洗脳されているのか、余りに不可解かつ不気味としか言いようがありません。

ワクチン接種という名の卑劣な人体実験・人口削減が完全に中止され、一刻も早くイルミナティが滅び去りますことを心から祈ります。

○【湘南ベルマーレ】MFオリベイラ(若干23歳)が「急性うっ血性心不全」で死亡 コロナワクチンの副反応である可能性大

○【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

○コロナワクチン接種後に死亡した中日・木下投手は、やはり心筋炎だった!! 政府がこの事実を2ヶ月間隠蔽し、ワクチン接種を推進した結果、心筋炎を発症する若者が急増

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment