RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【出口王任三郎の子孫】 なかやまきんに君、血筋のお陰でボディビル大会初優勝

【出口王任三郎の子孫】 なかやまきんに君、血筋のお陰でボディビル大会初優勝

お笑い芸人のなかやまきんに君(42)が、都内で行われた「第29回東京ノービスボディビル選手権大会」に出場し、ミスター75キロ超級で初優勝を果たしました。

きんに君は2015年から同大会に出場しており、初優勝に際して「なかなか優勝できない悔しさがあったが、初めて優勝できた。自分の体を大きくして階級も上げたうえで優勝できてうれしい。“これが優勝か!”という気持ちになった」と喜びの声を上げているようです。

この優勝について、メディア等ではやけに大きく取り上げられていますが、なかやまきんに君は出口王仁三郎の若い頃とそっくりであることが既に指摘されており、上級国民である可能性が疑われています。

現在、世の中では出雲族の勢力が強くなり、出雲族の宗教『大本教』の教祖・出口王仁三郎の立てた計画であるコロナパンデミックの茶番が世界的に強行されています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

そして、日本で活躍している芸能人・著名人の多くが、出口王仁三郎・出口なおの子孫であることが既に暴かれています。

以下のツイートを見ると、いかに大勢の出口王仁三郎の子孫たちがこの日本を支配しているのかが分かります。

なかやまきんに君の今回の優勝も、やはり血筋のお陰だったと考えて間違いないでしょう。

やはり、この世の中で大きく持ち上げられるのは、イルミナティ・上級国民の血筋の人間だけなのです。

私たちはこのような不公平、不条理な世の中の実情を徹底的に暴き出し、広く拡散しつづけなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)