RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

, …

現在、「変異株」と呼ばれるコロナウイルスが、世界各地で猛威を振るっていると報じられていますが、今後発見されるコロナ変異株の名称と、発見される日時が記載されたリストがネット上に流出し、波紋を呼んでいます。

このようなリストが存在している以上、やはりコロナパンデミックは単なる茶番であり、人為的にねつ造されたものに過ぎないことがはっきりと証明されたと言えるでしょう。

このリストを見る限りでは、イルミナティどもは2023年2月まで新たな変異株を次々と捏造し、コロナ茶番を継続させようとしていることが分かります。

しかも、このリストの信憑性を裏付けるかのように、ビル・ゲイツが「アメリカが平常に戻るのは2023年以降になる」と語っています。

○米国が「平常に戻る」のは2023年以降に、ビル・ゲイツが指摘

また、李家の星野佳路も、「2023年には訪日客が100%戻る可能性がある」と主張し、コロナ茶番が2023年に終わることを見越して事業を拡大させています。

○星野リゾートによる日本乗っ取りが絶好調 2023年にコロナが終わると予測し、コロナ後を見据えた観光業に着手

さらに、コロナを「ただの風邪」と軽視してきたトランプ前大統領も、現在ツイッターやフェイスブックのアカウントが凍結されていますが、最低でも2023年1月まで凍結された状態が維持されることが決定しています。

○【コロナ茶番は2023年で終了】創価企業Facebook、トランプのアカウントを2023年1月まで凍結

このようにイルミナティどもは、2023年までコロナ茶番を継続し、庶民をワクチンで殺戮し、都市や企業を乗っ取ろうと目論んでいるわけです。

〇【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

しかし、今や世界中でコロナ政策に対する大規模なデモが開催され、茶番を継続するのも難しい状況となっています。

私たち日本人も彼ら諸外国の人々に倣って、政府のくだらないコロナ対策を徹底的に糾弾するとともに、コロナやワクチンに関する正しい情報を拡散して、ワクチンの脅威から多くの人々の命を救い、イルミナティの計画をすべて頓挫させていかなければなりません。

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○「イギリス政府関係者からのリーク」イルミナティによるコロナ計画の全貌と今後の人民支配の計画の詳細が流出!

○ロックフェラー家は10年前からコロナパンデミックを計画していた!!

○2015年にビル・ゲイツがコロナウイルスの特許を申請していた!!

○【やはりコロナは茶番】新型コロナウイルスがまだ存在していなかった2015年に、リチャード・ロスチャイルドがコロナ検査キットの特許を取得

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment