【創価企業・くら寿司】パワハラを苦に焼身自殺した社員の遺族に卑劣な言葉を浴びせ、恫喝していたことが発覚

【創価企業・くら寿司】パワハラを苦に焼身自殺した社員の遺族に卑劣な言葉を浴びせ、恫喝していたことが発覚

4月1日早朝、山梨県甲府市にある寿司チェーン店「無添くら寿司」に勤務する30代の男性店長が、パワハラを苦に店の駐車場で焼身自殺したことが発覚し、大きな波紋を呼んでいます。

従業員によると、自殺した男性は、優しくて面倒見も良く、アルバイトや従業員からも好かれていたそうですが、非常に厳しい環境下で勤務させられていた上、今年3月に着任した上司のスーパーバイザーから日常的にパワハラを受けていたそうです。

スーパーバイザーは、自殺した男性と同期だったそうですが、着任直後から男性を頻繁に怒鳴りつけるようになり、その声が厨房からフロアにまで響き、客からクレームが入ったこともあるといいます。

こうした従業員の証言からも、男性が卑劣なパワハラを受けていたことは明白ですが、当のスーパーバイザーの男性は「『こういう風にやるんだよ』と指導することはありましたが、そういうこと(罵声や叱責)は特に本人にはしていません」などと否定しているようです。

さらに、この焼身自殺の真相を、「くら寿司」自体が企業ぐるみで揉み消そうとしていることが、週刊文春の報道で明らかになりました。

焼身自殺した男性の姉によると、両親の元に「くら寿司」の社員2人がやって来て、男性の人間関係について質問攻めにしてきたり、別の日には、遺骨を抱える父親に向かって「息子さん、宗教をやっていて、おかしくなったんちゃいますか?」などと言い放ったそうです。

また、「くら寿司」の社員が両親を連れ出して、甲府市内にある男性の家の鍵を開けさせ、「会社で必要なので」と説明し、部屋に置いてあった物を持ち出したとも証言しています。

さらに、男性の自殺が週刊文集で報じられた後、両親の元に再び同じ社員がやって来て、30分に渡り「息子さんの死はウチとは無関係だ」と説明しつづけた挙句、威圧的な口調で「これ以上文春さんとかに喋るんやったら、あなた方のこと訴えますよ」と恫喝してきたとのことです。

このように「くら寿司」は、パワハラ自殺の真相を隠蔽するために、遺族に卑劣な言葉を浴びせた上、脅して口封じしていたようです。

この報道を受け、Twitter上では「二度とくら寿司には行かない」「あまりに酷すぎる」と批判する声が殺到しています。

そんな「くら寿司」ですが、社長の田中邦彦と妻の節子は、2人とも創価学会の熱烈な信者であることが判明しました。

田中節子は、同社の役員に就任しており、かつ創価学会の大阪府堺市・地区副婦人部長を務めているとのことで、創価学会系の情報誌からインタビューを受けた際には、「題目をあげると、いくらでも智慧が湧きます。『くら寿司』を世界一にしたいと思ってます。それは社長も社員もみんな一緒。なにより先生(池田会長)に喜んでいただきたい、いつもそう思ってます。そやからまだまだ頑張ります!」と述べています。

創価学会は、中国共産党の隠れ蓑として機能していることがRAPT理論によって暴かれましたが、彼らは自分たちの利益を損ねたり、気に入らない人物や組織を「敵対者駆除マニュアル」に則って、徹底的に叩き潰してきたことが分かっています。

悪魔崇拝思想をこの日本に蔓延させ、国民を脅かしてきた中国共産党と創価学会をはじめとした全ての関連組織に厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。

○【創価に乗っ取られた日本郵便】利用者を政治活動の標的に 郵便局長に「票を集めることが局長の最大の任務」として選挙活動への参加を強要

○【中国共産党員の河瀬直美】「東京五輪公式記録映画」の撮影中にスタッフの腹を蹴るなどの暴行を加えていたことが発覚し、批判殺到

○【ブラック企業・三菱電機】上司からの暴言、独居房のような部屋での過酷な勤務、性教育と称したセクハラ、トイレの出入りを監視等、女性社員が受けた15年間のパワハラを初告白

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本当に智慧がわくなら、
    苦しんでる従業員達に気づいて救う事なんて簡単な筈。

    出来てないのに、
    反省すらしないで自慢とは。

    今までだって…死ぬ気で頑張る従業員が居るからこその発展なのに、
    そちらには感謝すらせずに勘違いしている。

    偶然、徒歩数分内に創価施設もくら寿司もあるけど…、
    くら寿司に行く事に何となく気進まず店舗利用して来なかった自分に、
    今回ばかりはグッジョブと思う。

    御近所である事だけでも、悲しい。

    亡くなられた方には取り返しがつかないけど、
    ご両親の為に、
    せめて名誉が回復される事を祈る。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment