RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【マスコミの洗脳が通用しない南アフリカ】コロナワクチンの接種率27% ビーチやクラブは休日を楽しむ人たちで溢れる

, …

世界で最初にオミクロンが確認された南アフリカで、国民はノーマスクで過ごし、コロナを恐れることなく、自由に生活していることが海外のニュース番組で報じられました。

以下の動画では、ケープタウンの様子が映し出されていますが、ビーチもクラブも休日を楽しむ人たちで溢れ返っています。

一方、ツイッターなどを見てみると、南アフリカで大勢のコロナの死者が出ているとのデマを平気で拡散している人たちが未だに数多く見受けられます。

日本のマスコミも、何とかして国民の恐怖心を煽ろうとしていますが、もう既にネタが尽きてしまい、煽れば煽るほど、かえって「コロナは茶番」「ただの風邪」との認識を広める事態となっています。

このように、マスコミや政府に洗脳されることなく、誰もがマスクを外して自由に生活している国もありますので、私たち日本人も積極的にマスクを外して自由に行動し、コロナ茶番を一刻も早く終わらせなければなりません。

○【オミクロン株】G7保健相会合で「世界の保健分野で最大の脅威」と認定されるも、特有症状は「寝汗」と報道される

○【南アフリカ】ラマポーザ大統領「誰もこの注射を強制されることはありません」と主張し、国民の権利を尊重

○【変異株オミクロン】南アフリカ医師会「症状は極めて軽い」と発表 少し咳が出る、筋肉痛や倦怠感があるなど、風邪の症状と同じ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment