RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【南アフリカ】ラマポーザ大統領「誰もこの注射を強制されることはありません」と主張し、国民の権利を尊重

南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領は、コロナワクチン接種について「誰もこの注射を強制されることはありません」と国民に呼びかけ、「例え未接種であっても旅行や学校への入学、公共活動への参加を含め禁止されない」とも述べ、国民の権利を尊重しました。

これまでラマポーザ大統領は、各国のオミクロン株に対する過剰な反応を批判し、抗議してきたことから「コロナは嘘」だと知っているに違いありません。

しかし、「ワクチンは不要」と訴えてきた大統領が、これまで次々と暗殺されているため、はっきりと「コロナは嘘」「ワクチンは不要」と言及することができないのかも知れません。

○コロナワクチン接種を不要としたブルンジ、タンザニア、ハイチの大統領が3人とも死亡 イルミナティによる暗殺の可能性大

○南アフリカで新たな変異株を検出 未だにコロナ茶番を続けようと悪足掻きするイルミナティ

○【変異株オミクロン】南アフリカ医師会「症状は極めて軽い」と発表 少し咳が出る、筋肉痛や倦怠感があるなど、風邪の症状と同じ

南アフリカの人たちの多くは今でもワクチン接種を拒否しており、全人口の24%しか2回目の接種を完了していません。

○「オミクロン株が怖い」南ア、急ぐワクチン接種 完了は24%どまり

このように南アフリカでは、国民の人権が尊重されています。

現在も、多くの先進諸国でワクチンの義務化が進んでいますが、卑劣な人口削減計画を一刻も早く終わらせるためにも、続けてイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment