RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イタリア人医師「コロナ感染が広まった理由は、PCR検査を一斉に行ったから」と暴露 無料のPCR検査は陽性者を量産し、コロナ茶番を演出するための手段

, …

イタリアのカレッジ医科大学病院のエルコリーノ医師は、同国でコロナ感染が広まっている理由について「PCR検査を一斉に行ったから」だと暴露しました。

この日本においても、年末から無料のPCR検査を全国的に実施し、陽性者を水増しして「第6波」が到来したかのように演出しています。

実際、マスコミがワイドショーやニュース番組でコロナ茶番を盛り上げ、国民の恐怖心を煽っているため、PCR検査場に自ら赴く人も少なくありません。

しかし、過去の記事でも述べました通り、PCR検査をはじめとした「コロナ検査」は、全くのデタラメな結果しか出ないことが分かっています。

○PCR検査に使われる綿棒は、はじめから「陽性用」と「陰性用」に分けられている!!

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

○PCR検査は意味がない!! あまりにずさんな検査の実態

○【コロナは茶番】「コロナビールを検査すると“コロナ陽性”になる」と海外の女性による実験で証明される

したがって、検査を受ければ受けるほど、感染してもいない人が「陽性」と判定され、マスコミや政府の思う壺となってしまいます。

もし、安易な気持ちでPCR検査を受けて陽性になった場合、本人は隔離を余儀なくされ、濃厚接触者と見なされた家族や、同じオフィスで働く同僚などにも行動制限を強いることになってしまいます。

このように不安を煽られて無料のPCR検査を受けてしまうと、コロナ茶番の片棒を担ぐことになりかねませんので、「コロナウイルスは存在しない」という事実をはっきりと理解し、政府やマスコミの言うことに絶対に耳を傾けないようにしなければなりません。

○【ウイルスは嘘】国立感染症研究所は、インフルエンザウイルスやコロナウイルスの存在を証明する行政文書を保有していないことが判明

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment