RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナは茶番】「コロナビールを検査すると“コロナ陽性”になる」と海外の女性による実験で証明される

, …

海外のある女性がコロナ検査キットを使用し、コロナビールを検査したところ、陽性になったことが分かりました。

検査キットは、「C」と「T」と書かれているところに両方とも線が浮き出ると「陽性」だと見なされますが、コロナビールでもはっきりと浮き出ているのが見て取れます。

過去の記事でも述べましたが、コロナウイルスが存在しない以上、コロナ検査も全くのデタラメであることが判明しています。

○スペイン最高裁「コロナウイルスは存在しない」との判決を下す 政府はウイルスの存在証明を提示できず

コロナ検査キットは、茶番を演出するための小道具に過ぎず、今や子供を虐待するための凶器とも化しています。

このようなことが明らかになった現在、世界各国ではコロナ対策に対する激しいデモが行われています。

私たち日本人も、一人一人がマスクを外し、過剰な手の消毒をやめ、政府の要請を無視してコロナ以前と同じ生活をすることで、茶番を繰り広げてきたイルミナティに大きな打撃を与えていかなければなりません。

○PCR検査に使われる綿棒は、はじめから「陽性用」と「陰性用」に分けられている!!

○中国がPCR検査キットを2019年夏に大量発注し、コロナ茶番の下準備をしていたことが発覚 メディアはこの事実をネタに「コロナは夏には既に始まっていた」とデマ報道

○河野太郎コロナワクチン担当大臣「PCR検査」と「抗原検査」の違いすら分かっていないことを全国民の前でバラし、完全に信用を失う

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment