RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【太陽光パネルはエコではない】積雪中は発電できず、土砂災害をもたらし、災害時に出火する危険性が高く、消火活動も困難

東京電力は6日、電力需要のピークとなる午後4時から5時にかけて需給が「非常に厳しくなっている」とでんき予報で発表しました。

雪による太陽光発電の出力低下が原因とのことですが、万が一不足しても火力発電で追加の供給力を確保しているため、電力の安定供給に支障はなかったとのことです。

このように太陽光パネルは、雪が積もれば発電できず、全く役に立たない上、破損や老朽化で使えなくなったパネルを環境に配慮した方法で処理する技術も確立していないため、“エコ”とは程遠いものであると指摘されています。

また、太陽光パネルを山の斜面に設置したことで、土砂崩れなどの災害の原因になったという事例がこれまで何度も発生してきました。

○【熱海市】太陽光パネルが大規模土砂災害を誘発 李家の金儲けのために多くの日本人が犠牲に

戸建て住宅の屋根に設置された太陽光パネルも、台風などの災害時に火事を起こす危険があるとして懸念されています。

しかも、一度出火したパネルは感電の恐れがあるため、消火活動も極めて困難だと言われています。

しかも、太陽光パネルは李家と創価企業の儲けの種に過ぎませんから、私たちの財産を守るためにも、そして何より自然環境を守り、安全な生活を送るためにも、営業マンの口車に乗せられて安易に住宅や空き地に設置しないことが賢明です。

○【李家の新たな利権】東京都、新築一戸建て住宅に太陽光発電の設置義務化へ

○インフルエンザや豚熱などで潰れた養鶏場や養豚場の跡地が、メガソーラー発電所に変貌を遂げているという闇

○【裁かれる中国】再生エネルギー重視の結果、深刻な電力不足で経済に大打撃 各地の工場は停止、信号も止まり道路は大渋滞

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment