RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【デジタル版ワクチンパスポート】 リリース当日から、登録者のマイナンバー情報が外部から丸見えになっていたことが発覚

デジタル庁が「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」(デジタル版ワクチンパスポート)を20日にリリースしましたが早くも深刻なトラブルに見舞われています。

以下のツイートによると、接種証明アプリの通信解析をすると、アプリに登録されたマイナンバーのデータを外部から容易に閲覧できる状態になっているとのことです。

つまり、接種証明アプリに登録した人たちは順次、個人情報を何物かに抜き取られている可能性が高いわけです。

デジタル庁は、これまで個人情報の漏洩やトラブルを幾度となく起こしてきましたが、ここまで来ると、わざと個人情報を流出させているのではないかと疑わざるを得ません。

過去の記事でも述べましたが、創価学会の関与する企業や組織では、故意に個人情報を流出させることで、中国や韓国、あるいは名簿屋といった闇業者に横流ししてきたことが判明しています。

そんな中、こうして接種証明アプリの脆弱性がリリース当日から暴かれたわけですから、洗脳されてワクチンを接種した国民すら、アプリに登録することを回避するに違いありません。

このように危険極まりないデジタル庁が、岸田内閣とともに一刻も早く解体されることを心から祈ります。

○【デジタル庁】トラブル続きの接種記録システム「VRS」で 500万件の誤登録 接種記録を無にされる可能性も

○【失態が続くデジタル庁】コロナ対策の入国者システムでパスポート画像など個人情報が第三者から閲覧可能な状態に COCOAにも不具合が続出

○【政府発行のデジタルワクチンパスポート】登録にマイナンバーカードが必須 差別と分断を生む政策に批判殺到

○政府が子供の個人情報を一元化する「こどもデータベース」構築へ 幼児誘拐や人身売買に悪用される可能性大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment