RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【オワコンと化した創価企業UUUM】専属YouTuberを来年春までに半減へ

ユーチューバー事務所のUUUMは16日、2022年春をメドに、専属契約している約300組のクリエーター(ユーチューバー)のうち、約半数の契約形態を専属契約から「ネットワーク契約」に切り替えると発表しました。

ネットワーク契約とは、コンテンツ制作・管理に役立つとされるUUUM提供のプラットフォーム「CREAS」(月額500円)などを利用できる契約形態で、「所属」というよりも「サービス利用者」といった色合いが濃いとのことです。

UUUMは、専属契約しているクリエーターの動画広告収入の一部を手数料として受け取っていますが、ネットワーク契約の場合、その手数料を支払わなくてよいとのことです。

現在、UUUMではチャンネル数が増加している割には再生数を獲得できていないそうで、ある競合事務所の幹部によると、「UUUMの再生回数の半分以上は、上位20人の専属ユーチューバーによるもの」と推測されています。

つまりUUUMは、再生数の取れないユーチューバーを不要と見なし、「ネットワーク契約」という形で事実上の切り捨てを行い、実績につながる人材だけを残そうというわけです。

あるいは、株価の暴落や、鎌田社長のスキャンダル発覚で経営悪化を招き、大勢のユーチューバーを抱える余裕がなくなった可能性もなきにしもあらずです。

○【創価企業UUUMの株価下落が止まらない!!】 ヒカキンの持ち株評価額27億円から4.5億円まで激減 鎌田社長は数百億円単位の資産を失う

○【黒幕は孫正義】日本人の個人情報を韓国・中国に横流ししていた「LINE」と渦中にある「UUUM」は一心同体だった!!

○【創価企業・UUUMの株価下落が止まらない】社長の鎌田和樹がコロナ禍の中、銀座豪遊・不倫三昧の上、暴露系YouTuberコレコレを脅迫

現在もUUUMの株価は下落が止まらず、700円台を推移しています。

UUUMは今後、ユーチューバーとのグッズ開発などに注力していくとのことですが、UUUMが業績を回復できるか甚だ疑問です。

過去の記事でも述べましたように、UUUMは大本教や創価学会のカルト思想を広め、上級国民のヒカキンやはじめしゃちょーを使ってコロナ茶番を煽り、国民を洗脳してきた悪徳企業です。

UUUMの存在そのものが私たち日本人にとって有害でしかありませんので、このまま倒産し、悪質なインフルエンサーが一人でも淘汰されますことを心から願うばかりです。

○【出来レース】トップYouTuberたちは、ほとんど全員上級国民○

○【裁かれる上級国民】出口王仁三郎の子孫・ヒカキンが5年ほど毎日悪夢を見てきたと告白

○【群馬人脈=李家のコラボによる卑劣な洗脳工作】はじめしゃちょーと河野太郎がYouTubeでワクチンは危険ではないとデマを拡散

○【ワクチンを推進した報いか?】李家のはじめしゃちょー、何日も続く高熱と強い痒みを伴う発疹 コロナワクチンの副反応である可能性大

○【人気YouTuberもコロナが噓だと知っている】緊急事態宣言下に深夜まで宴会、泥酔‥彼らにとっては美味しい炎上商法

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment