RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【プレミアリーグ】サッカー選手やファンの急変により、試合が中断される事態が急増 コロナワクチンの副反応である可能性大

, …

1日に行われたプレミアリーグ・ワトフォード-チェルシー戦の前半で、観客席にいたファンが突如、心停止状態となり、試合を一時中断する事態となりました。

チェルシーのマルコス・アロンソが観客の異変に気付いて審判に報告し、救急対応などで30分以上試合を中断したとのことです。

急変した観客は、幸いにも両チームのメディカルスタッフの救急対応により、一命を取り留めたとのことです。

この一件について、ホームのワトフォードは「メディカルスタッフ、選手、ファンの迅速な対応に感謝します」という声明を発表しました。

また、サウサンプトン-レスター戦でもファンの具合が急に悪くなり、15分間ほど試合を中断したとのことです。

プレミアリーグの観客たちは、ワクチンパスポートか陰性証明の提示を求められることから、多くの接種者が参加していると見られ、ワクチンの副反応によって心臓に異常をきたした可能性が高いものと考えられます。

現在、有名サッカー選手をはじめ、スポーツ界の有名人たちが次々とワクチンの副反応で試合中に倒れたり、死亡したりしていますが、チャンピオンズリーグでも、シェリフ・ティラスポリのアダマ・トラオレが試合中に胸の痛みに襲われて倒れてしまいました。

○【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

○マウンテンバイクレーサー「カイル・ワーナー」、コロナワクチンの有害事象を啓発していたグループのメンバーが1ヶ月間で6人も自殺したことを告発

https://twitter.com/jack_hikuma/status/1464054811867824128?s=21

試合中に選手やファンが急変して試合を中断するといったことが、ここ最近は異常なほど増加しています。

それでも政府やマスコミ各社は、彼らがコロナワクチンの副反応を発症しているとは決して認めないでしょう。

ワクチン接種という名の大量殺戮が完全に阻止されることを心から祈ります。

○ついに日本でも3回目のコロナワクチン接種を開始 イルミナティの実験台にされる医療従事者たち

○EUで確認されたオミクロン株の感染者44人は「無症状」か「軽症」 新たな茶番をでっち上げ、3回目接種を促す

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment