RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業ファイザーが「接種することでヒーローになれる」とのCMで子供たちを洗脳

, …

アメリカ・バイデン政権は1日、5歳から11歳の子供に対し、ファイザー製のコロナワクチンの接種を本格的に開始すると発表しました。

これを受けてファイザー社は、「ワクチンを接種すればスーパーヒーローになれる」との子供向けのCMを制作し、批判が殺到しています。

「○○すればヒーローになれる」というのは、アメリカ人の心に響きやすいパワーワードであることを過去の記事で述べましたが、ワクチンを接種してもヒーローになれないどころか、副反応で死亡してしまう可能性すらあります。

○【創価工作員】パックン、コロナを戦争に喩え、ワクチン接種する人はヒーロー、“お国のため”に接種せよ(=死ね)と訴え、批判殺到

○国民性の違いを笑う「エスニックジョーク」まとめてみました

もう既にコロナワクチンを接種した子供たちが失明や難聴、心筋炎などの副反応を発症し、母親の母乳を介して死亡する事態にすらなっています。

○【VAERSによる報告】アメリカでコロナワクチン接種をした6歳〜17歳の子供たち73人が失明 48人が耳が聞こえなくなる

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

○スウェーデン・デンマーク・フィンランドが、若年層へのモデルナワクチン接種停止を表明 政府が心筋炎などの副反応の危険性を認める

○【VAERSの報告書より】ファイザー製コロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う動脈の炎症・血栓により死亡

○コロナワクチンを接種した妊婦の産んだ子供たちが生後48〜72時間以内に肺出血で次々と死亡 死産・流産も多発

現在、この日本でも子供たちに接種を勧める準備が着々と進められていますが、できるだけ多くの保護者たちに真実を拡散し、子供たちの尊い命を守ってあげなければなりません。

○創価企業ファイザー社、5歳以上の子供にコロナワクチンを接種できるよう政府に承認申請へ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment