RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

インフルエンザワクチンにも「酸化グラフェン」が含有 コロナ茶番からインフル大流行に計画変更したのは、12歳以下の子供にインフルワクチンを接種させるため

, …

ここ最近、「コロナに代わりインフルエンザが大流行する」とマスコミが騒ぎはじめ、「インフルエンザワクチンの接種予約が取れない」と、まるでインフルエンザのワクチン接種を誰もが希望しているかのように報道しています。

○コロナ茶番の盛り上げ役「こびナビ」が、今度はインフルエンザワクチン接種を呼びかけ

日本感染症学会は、ちょうどコロナ茶番が収束し始めた9月28日に「今年はインフルエンザが大きな流行を起こす可能性もあります」と発表し、コロナをインフルエンザにすり替え、つづけて人口削減計画を推し進めようと悪あがきしています。

このように医療業界がコロナワクチンからインフルエンザワクチン接種をするように国民に呼びかけはじめたのは、コロナワクチンを12歳以下の子供たちに接種できないためだと考えられます。

当初政府は、12歳以下の子供たちにもコロナワクチンを接種できるよう計画を推し進めていましたが、その前にワクチンの危険性が広く知れ渡ってしまい、幼い子供たちへの接種を進めることが困難になってしまったため、12歳以下の子供でも接種できるインフルエンザワクチンを接種させる方向に変更した可能性があります。

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

しかし、インフルエンザワクチンにも、コロナワクチンと同じく「酸化グラフェン」が含まれていることが判明しています。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

https://twitter.com/allabouttruth4/status/1448672353693564929?s=21

つまり、インフルエンザワクチンを接種しても、コロナワクチンを接種したときと同様、深刻な副作用を発症し、死亡する可能性すらあるということです。

これまでコロナワクチンに含まれる「酸化グラフェン」の危険性については何度も述べてきましたが、このような猛毒を幼い子供たちに接種するなら、どれほど恐ろしい結果になるかは容易に想像がつきます。

コロナをきっかけにワクチンの危険性が広く知れ渡ったものの、まだまだ洗脳が解かれていない人も大勢いますので、続けて根気強く情報発信し、幼い子供たちの命を守っていかなければなりません。

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

○【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

○【酸化グラフェンの疑い】モデルナ製コロナワクチンに異物混入、約160万回分の接種を見合わせ 

○【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment