RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【政界はゴムマスクだらけ】菅の影武者が、自身のワクチン政策のおかげでコロナが収束したと自画自賛 

衆院選が19日に公示され、菅前首相は神奈川5区(戸塚区・泉区、瀬谷区)から出馬している坂井学を応援するため、約15分にわたって演説しました。

坂井学は菅の側近で、菅政権下において官房副長官を務めた人物でもあります。

菅は応援演説の中で、自身のコロナ政策について触れ、「マスコミは私のことを『ワクチン一本足打法』だと揶揄していた。また、『100万なんかできるわけない』こう批判した。しかし結果みなさん、どうだったんでしょう?」と批判を受けたことに言及しながら、「そして、この接種が進むにつれで、あの猛威を振るったデルタ株、勢いがなくなってきたじゃないですか!昨日、東京では29人の感染者です。全国でも232人なんです。間違いなく、ワクチンは効くんです!」などと言い切りました。

このように菅は、治験すら終わっていない上、多くの死者を出しているワクチンに効果があると主張し、コロナが収束した理由を、ワクチン接種を推進した自分のお陰だとアピールしました。

しかし、コロナが収束した本当の理由は、コロナ茶番の首謀者であるビル・ゲイツが死刑に処されたからであり、決して菅のお陰などではありません。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

しかも、こうして偉そうに語っているのは、菅の影武者に過ぎず、本人は総理大臣を辞任したのと同時期に、死亡した可能性が高いことが分かっています。

○【菅首相も死亡した可能性大】辞任表明後に病院で受診 安倍晋三が辞任・死亡したときの状況と酷似

○菅首相と小池都知事がパラ功労章の授与式を揃って欠席 ますます広がる「死亡説」

これまで菅は、コロナが医者の儲けのタネになっていることを暴露したり、コロナが人口削減の一環であることを仄めかしたりと、何度も失言して墓穴を掘ってきました。

ですから、菅はコロナ茶番収束とともに散々しくじったツケを払わされ、イルミナティに殺された可能性もなきにしもあらずです。

創価学会では、工作員などが使えなくなると、自殺や病死などに見せかけて殺害してしまうそうですから、菅も早々に処分されたに違いありません。

https://twitter.com/kawta02/status/1450120536026058761?s=21

政界は今やゴムマスクを被った影武者だらけとなり、各勢力の操り人形となって芝居をしているに過ぎませんので、政界全体が一掃され、浄化されることを心から願うばかりです。

○安倍晋三の影武者が衆院選に立候補し、YouTubeチャンネルを開設 安倍本人は既に死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment