RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

シンデレラストーリーはサタンの洗脳(十二弟子・ミナさんの証)

ディズニーアニメは、世界中の子どもたちに見られている、言わずと知れた人気のアニメです。

ずいぶん昔になりますが、私も幼少の頃、「シンデレラ」の絵本が大好きで、何度も繰り返し読んでいた記憶があります。

誰もが知るそのストーリーは、継母や異母姉妹からのいじめに遭いながらも、健気に耐え忍び、恵まれない境遇であっても、心優しく純粋なまま成長した彼女に、突然、魔法使いが現れて、最後には王子様と幸せな結婚をするというお話です。

子どもたちは触れた作品から、良くも悪くも影響を受けるものですが、私もこのストーリーから、後の自分の価値観に多少なりとも影響を受けていたことに気がつきました。

幼心にも、健気に頑張るシンデレラの姿に感動し、どんなに辛いことがあっても、素直な心で耐え忍び努力するなら、いつかは幸せになれるのだと思うようになっていたのです。

私の子ども時代は、女性は控えめであることを美徳と捉えるような風潮がまだ残っており、陰ながらの忍耐と苦労こそが尊ばれ、いつか報われるのだと教育されていたように思います。

しかし現実には、その苦労が報われることはありませんでした。

この世には、理不尽な苦労しかなく、それをただ耐え忍び努力しても、自分が損して終わるだけでした。

結局のところ、寡黙に耐え忍び、従順であることを、さも美徳などと持て囃すことで、単に支配者層にとって、都合のいい人間を作り出すための、これも洗脳の一種だったのではと感じます。

RAPTブログを読むことで、この世のカラクリが分かり、イルミナティは幼い子どもたちに対しても、あらゆる手段を使ってサタンの思想を洗脳していることを知りました。

ディズニーもまたイルミナティによって設立され、アニメなどを使って、世界中の子どもたちを悪魔の思想に洗脳する役割を担っていることも分かりました。

○「ハロウィン」は今も昔も生贄儀式であり、「ウォルト・ディズニー」によって普及されました。

しかしRAPTブログに出会い、RAPTさんの御言葉を読むようになったおかげで、このような世の中にあっても、神様の下で正しい努力や苦労をするなら、決して全てが無駄にならないと教えていただきました。

○RAPT有料記事19(2015年10月26日 )神様の下ではどんな努力も苦労も無駄にはならない。

神様の世界では、神様のために努力を惜しまず忍耐強くコツコツと行うならば、行った分だけ、いえ、それ以上、必ず祝福が与えられ報われます。

しかも、努力していく過程においても、神様は聖霊を注いでくださり、私たちに力と祝福を与えてくださいます。

神様は公平公正でいらっしゃり、愛の神様だからです。

この事実を知ったなら、誰もが神様の下で努力することを望むしかないと思います。

○RAPT有料記事397(2019年8月12日)世の人々は努力してもほとんど何も報われないが、私たち義人は努力した分だけ何倍にもなって報われる。これこそが主の救い、主の祝福だ。

また、シンデレラで、最後に待っている幸せといえば、王子様との結婚です。

少なからず、ここに、幼少期から恋愛至上主義的な考えを入れて、結婚願望や男性依存への洗脳に一役買っていたように思います。

そのため、恋愛や結婚に関する悩みで、人生が振り回されてしまう女性も多いのではないでしょうか。

しかし、現実には白馬の王子様など存在せず、恋愛や結婚だけで本当に幸せになるわけではありません。

神様の世界では、自分の個性才能を発揮して栄えることの幸せを教えてくださっています。

今までは無理であったとしても、神様を愛して祈り、努力するなら、その祈りは必ず叶えら、その努力は報われると、RAPTさんは御言葉を通して私たちに教えて下さっています。

○RAPT有料記事296(2018年7月23日)世の中で個性と才能を磨いても成功することは難しいが、神様の世界では個性と才能を磨いた者が主から大きく使われて成功する。

○ RAPT有料記事300(2018年8月6日)霊肉ともに実力を身につけて栄えた人が、この時代に主が用意した全ての祝福を余すことなく受けた人だ。

RAPTさんは、RAPTブログを通して、私を多くの洗脳から解放してくださっただけではなく、神様へと導いてくださり、人生に大きな希望を与えてくださいました。

これからも多くの人が、RAPTブログを通して真実の情報に触れ、イルミナティから植え付けられたサタンの洗脳から解放され、虚しい生活から抜け出し、神様と共に生きる、幸せに満ちた人生を手に入れてほしいと心から願います。

○恋愛は素晴らしいという洗脳。本物の愛は恋愛からは得られない。

○愛だけではダメ。真理に目覚める女性がこの世を救う。

○主の愛で心が満たされるまで、主の愛を求めなさい。(十二弟子・エリカさんの証)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment