RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

アストラゼネカ製ワクチンを開発した教授が「コロナは最終的に風邪の一つになる」との予測を発表 やはりビル・ゲイツの死刑判決の影響か

, …

アストラゼネカ製ワクチン開発に携わったオックスフォード大学のサラ・ギルバート教授は、22日に行われたセミナーで、「新型コロナの毒性は弱くなり、最終的には風邪の原因の一つになるだろう」との予測を明らかにしました。

また、サラ・ギルバート教授はコロナウイルスの今後の変異について、ワクチンの効果がなくなるほどの強力な変異を起こす可能性も低下していくとの見解も示しました。

これまでイルミナティは、変異株を次々と登場させては、庶民の恐怖を煽り、ワクチン接種を促してきましたが、ここに来て、またしてもコロナの収束を匂わせるニュースを大きく報じるようになりました。

ビル・ゲイツの死刑判決以降、新規感染者は減少し、こびナビの木下喬弘は国外逃亡するなど、これまでコロナ茶番を煽ってきた勢力に大きな変化が見られます。

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

○【河野太郎の下僕】こびナビ・木下喬弘が国外逃亡か? コロナ禍以前に住んでいたボストンへ ますます広がるビル・ゲイツ有罪判決の影響

○分科会・尾身会長がコロナ新規感染者減少を発表 コロナ茶番のトップ「ビル・ゲイツ」に死刑判決が下った影響か?

そして今回、「コロナウイルスは今後ただの風邪になる」とまで報道されたということは、当初計画していた2023年よりも早い段階でコロナ茶番を切り上げようとしている可能性があります。

イルミナティは、2023年までコロナを継続させ、それまで次々と変異株を登場させるように計画していましたが、コロナ計画のトップだったビル・ゲイツの死刑確定により、資金源も後ろ盾も失ったイルミナティたちが次々と計画から離脱し、逃げ出しているのかも知れません。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

○【コロナ茶番は2023年で終了】創価企業Facebook、トランプのアカウントを2023年1月まで凍結

○星野リゾートによる日本乗っ取りが絶好調 2023年にコロナが終わると予測し、コロナ後を見据えた観光業に着手

このように、世界中の人々の根気強い情報発信によって、イルミナティの計画が着実に傾きはじめていますので、続けて正しい情報を発信し、できるだけ多くの尊い命を守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment