RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【沖縄】コロナワクチン3回目接種直後に医療従事者の休職数が過去最高の220人に 副反応により出勤できない可能性大

, …

沖縄県の医療従事者が、昨年12月末から年始にかけて次々と休職していることが明らかになりました。

以下のグラフによると、2020年にコロナ茶番が始まって以降、最高の154人を記録しています。

医療従事者の欠勤により、中部の病院2カ所で救急部門が停止されており、7日時点でさらに休職者が220人まで増えているとのことです。

県は医療従事者の欠勤理由について、コロナに感染したり、濃厚接触者に認定されたためとしていますが、コロナワクチンの3回目接種が始まった直後から急速に増えているため、副反応で体調を崩し、出勤できなくなった可能性が高いです。

既に3回目の接種を終えた人たちのツイートにより、仕事をするどころか、まともに生活できないほどの副反応に苦しんでいることが明らかになっています。

一方、コロナワクチンの危険性を知りながら接種しまくっているヤブ医者たちは、今でもピンピンしています。

○【大晦日もコロナワクチンを打ちまくるヤブ医者たち】 忽那賢志や京大の医師らが高齢者施設を周り、金儲けのためにブースター接種

全ての人たちが洗脳から抜け出し、同調圧力に屈することなく、尊い命を守り抜くことができますよう心から祈ります。

○【RAPT氏の対談】コロナワクチンを巡る様々な問題について(同調圧力、ワクチンが危険な理由、ワクチンの危険性が理解できない周囲の人々‥etc)

○【コロナ茶番が終わらない理由】コロナ患者を入院させると、患者1人あたり944万~5916万円もの補助金が病院に入る仕組み

○コロナの裏で続出する同調圧力の被害者「ワクチンを接種しなければクビにすると脅された」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment