RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【河野太郎の下僕】こびナビ・木下喬弘が国外逃亡か? コロナ禍以前に住んでいたボストンへ ますます広がるビル・ゲイツ有罪判決の影響

河野太郎の下僕としてコロナ茶番を煽り、庶民の恐怖心を煽ってきたこびナビ「木下喬弘」が突如、国外に逃亡し、以前住んでいたボストンに戻っていたことが明らかになりました。

ここ最近、こびナビを大いに活用してきた河野太郎は、中国の下僕だと暴露され、お仲間の分科会・尾身会長や日本医師会の医者たちも補助金を不正にぼったくっていたことが判明し、どんどん追い詰められています。

○泉大津市長が「ワクチンは感染予防効果を期待できるものではありません」とのメッセージをワクチン接種券に同封し、河野太郎が吠える

○河野太郎が、中国人によるウイグル人権侵害行為(大量虐殺・拷問・強制労働・臓器狩り・人身売買etc..)を公に容認

○河野太郎一家は、指定暴力団・山口組とズブズブの関係にあることが発覚

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

○河野太郎コロナワクチン担当大臣「PCR検査」と「抗原検査」の違いすら分かっていないことを全国民の前でバラし、完全に信用を失う

○【郡馬人脈】尾身茂が「コロナ病床確保支援金」を悪用して132億円の税金をせしめ、若者のためにインスタグラムを始めるも大炎上

○【病床逼迫はやはり大嘘だった!!】東京都医師会の幹部らの病院でも“幽霊病床”を作り、莫大な補助金をぼったくっていたことが発覚

さらに、コロナ茶番を計画した張本人のビル・ゲイツに死刑判決が下された上、コロナ政策を全廃する国も続出しています。

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

○「コロナ対策の全撤廃」を掲げたデンマークで、感染者が激減 政府のコロナ対策によって感染者がでっち上げられていたことが証明される

この日本においても、小規模ながら反コロナ、反ワクチンのデモが開催され、SNS上では「コロナは嘘」「ワクチンは危険」と当たり前のように投稿されるようになり、新規感染者もどんどん減少しています。

○分科会・尾身会長がコロナ新規感染者減少を発表 コロナ茶番のトップ「ビル・ゲイツ」に死刑判決が下った影響か?

恐らく私たち庶民の考える以上に、ビル・ゲイツの死刑判決の影響が大きく広がっているのでしょう。

このように着実にコロナ茶番の犯人たちが追い詰められているため、木下喬弘もたまらず日本から逃亡した可能性があります。

イルミナティの連中は都合が悪くなると、すぐに海外逃亡するのが常套手段のようで、「ひろゆき」や「中田敦彦」も同じように日本から出て行きました。

○【李家による日本乗っ取り】天皇と竹中平蔵の親戚であるひろゆきが、内閣国家戦略室長に就任の噂

○【李家】中田敦彦シンガポールに逃亡するも、早くも「日本に帰りたい」と泣き言 ネット上では「戻ってくるな」と非難囂々

今後、コロナ茶番のカラクリはどんどん暴かれていく一方でしょうから、他にも国外逃亡を考えている政治家や医者が大勢いるに違いありませんが、どこに逃げたところで神様の裁きから逃れることはできません。

コロナ禍で甘い汁を啜ってきた詐欺師たちが、一人残らず滅び去るよう、皆さんで続けて強力にお祈りしましょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment