ダチョウ倶楽部の「上島竜兵」が自宅で首つり自殺 創価学会(中国共産党)に従わなかったために殺された可能性大

ダチョウ倶楽部の「上島竜兵」が自宅で首つり自殺 創価学会(中国共産党)に従わなかったために殺された可能性大

ダチョウ倶楽部のメンバー「上島竜兵(61)」が、都内の自宅で首を吊って死亡したことが明らかになりました。

報道によると、11日未明に自宅で倒れているところを家族が発見し、その後、搬送先の病院で死亡が確認されたとのことです。

コロナ以降、有名芸能人たちが次々と首吊り自殺を遂げていることから、「芸能界で明かに異変が起こっている」との声がTwitter上に多数上がっています。

上島竜兵は、芸人の有吉とも親交がありましたが、有吉はこれまでインスタグラムなどに芸能人の死を匂わせる内容の写真を度々投稿してきました。

○【創価人脈・有吉弘行終了】三浦春馬に続き、竹内結子の1周忌にもその死を侮辱するインスタを投稿し、その余りの悪質さに批判殺到

○有吉弘行と夏目三久の結婚報道は、創価学会によるスピン報道だった

今回も有吉は、上島竜兵が死亡する数日前に、「205」と書かれた子供用の電車に乗った写真を投稿していました。

この「205」という数字は、中国で裏切り者を指す「025」を連想させることから、やはり上島竜兵も中国共産党によって殺害されたのではないかと疑われています。

しかも、有吉は2017年に、上島竜兵について「和製タイガーウッズ 中国名 竜包茎 こと上島竜兵 容疑者。。」と、意味深なツイートを投稿しています。

生前、上島竜兵は「創価信者の寺門ジモンから度々選挙への出馬オファーが来ていた」と語っていますが、上島自身、創価学会をかなり嫌っていたようで、その都度オファーを断っていたそうです。

創価学会は、中国共産党の隠れ蓑であり、これまで不審な死を遂げた三浦春馬や神田沙也加たちも、中国共産党によって殺された可能性が高いことを過去の記事で述べてきました。

したがって、上島竜兵も、何らかの理由で中国共産党に強く反発したため、首吊り自殺に見せかけて殺された可能性があります。

こうして、著名人たちの不審死が相次いでいますが、彼らの死の真相が全て白日の元に晒され、中国共産党に厳正な裁きが下されますことを心から祈ります。

○俳優・渡辺裕之が自宅で首つり自殺 中国共産党によって殺害された三浦春馬との奇妙な共通点

○【お知らせ】動画『【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇』をodyseeに再アップいたしました

○【第14回】ミナのラジオ – 戦慄!! 神田沙也加の死とJAL123便墜落事故には深い関係があった – ゲスト・KAWATAさん

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment