RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【松田聖子の紅白出場報道に物議】 神田沙也加の死を利用して視聴率を稼ぐ反日メディアNHK

18日に札幌市内のホテルで死亡した神田沙也の母・松田聖子が、大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に予定通りに出場する可能性の高いことが明らかになり、物議を醸しています。

関係者によると、沙也加の死を知った松田聖子は、憔悴し悲嘆に暮れていたそうですが、一人娘を荼毘に付し、最後の別れをしっかりとすることができたことで、「娘のためにもしっかりと歌わないと。娘に恥じないようにしないといけない」と、仕事に前向きな思いを口にしているとのことです。

また、この報道を受け「応援したい」という声がある一方で「無理して出なくでもよいのでは」「周りが気をつかう」「どうせNHKの話題作り」などと賛否両論の声が数多く投稿されています。

NHKとしては、松田聖子が出場することで、高い視聴率を獲得できると期待できますし、松田聖子自身も再び脚光を浴びる大きなチャンスだとも言えます。

もっとも、松田聖子やNHKの背後にいる創価学会が彼女の出場拒否を許さず、紅白に出るよう強く指示している可能性もなきにしもあらずです。

結局、テレビ局にとって、出演する本人の意向などどうでも良く、スポンサーのご機嫌と視聴率さえ取れればよいと考え、使えるものはとことん使って数字を獲得しようとするでしょう。

テレビ業界は、有名人や国民の不幸をネタにして食い繋いでいるようなものですから、存在しているだけで、国民の精神衛生上、悪影響だと言わざるを得ません。

腐敗しきったテレビ業界が浄化され、全ての闇が白日の元に晒されますことを心から祈るばかりです。

○【反日メディアNHK】子供へのコロナワクチン接種を懸念する親を「心の病」であるかのように報道し、批判殺到

○【神田沙也加がホテルで転落死】自殺と見せかけて悪魔崇拝の生贄として殺害された可能性大

○【続報・神田沙也加の死の謎】早くも北海道県警が“事件性なし”と真実を隠蔽 創価学会と三浦春馬との奇妙な接点の数々

○【続報Ⅱ・神田沙也加の死の謎】松田聖子は現代のフィクサー・朝堂院大覚と同族だった 芸能界と悪魔崇拝の密接な関係

○【続報Ⅲ・神田沙也加の死の謎】コロナワクチン接種の可能性と石原裕次郎の隠し子説が再燃

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment