RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【続報Ⅱ・神田沙也加の死の謎】松田聖子は現代のフィクサー・朝堂院大覚と同族だった 芸能界と悪魔崇拝の密接な関係

18日に死亡した神田沙也加の密葬が21日、札幌市内の斎場で行われ、母親で歌手の松田聖子が悲痛な面持ちで斎場入りしました。

先日の記事にも書きました通り、神田沙也加の死について、余りにも不可解な点ばかりであるにもかかわらず、マスコミと警察は自殺だと決めつけて、真相を闇に葬ろうとしています。

○【神田沙也加がホテルで転落死】自殺と見せかけて悪魔崇拝の生贄として殺害された可能性大

○【続報・神田沙也加の死の謎】早くも北海道県警が“事件性なし”と真実を隠蔽 創価学会と三浦春馬との奇妙な接点の数々

そして早速、李家のスポークスマンで日本人を洗脳する役割を担ってきた「ひろゆき」が、神田沙也加の死について語り、「役者は感情を簡単にコントロールできるため、自分の感情がどこにあるのか分からなくなり、コントロールできなくなったときに自殺してしまうのではないか」といった持論を展開し、自殺と決めつけています。

神田沙也加とその母である松田聖子は、「蒲池家」の血を受け継いでおり、創価学会をはじめとしたイルミナティから重要視されてきた人物であることが判明しています。

そして、「沙也加」と命名したのは、創価学会と関係の深い「石原裕次郎」でした。

また、「明石家さんま」(李家)が妊娠中の松田聖子とテレビ番組で共演した際、さんまは汚れた手で触ったら悪いからと言って、わざわざ手にラップを巻き付けて彼女のお腹に触れていました。

松田聖子を輩出した「蒲池家」は、諸説ありますが、「嵯峨天皇」の第十二皇子である「源融」や群馬県一帯を支配していた「毛野氏」をルーツに持つ「宇都宮氏」だと言われています。

「嵯峨天皇」は、現代の上級国民たちの先祖にあたり、日本の歴史に多大な影響を及ぼした人物で、「毛野氏」も古代から悪魔崇拝を行なってきたイルミナティの核心的な一族であることが判明しています。

○北朝鮮拉致被害者家族の高齢化により、親世代は横田早紀江を含む残り2人に 拉致被害詐欺がより困難な状況に

松田聖子は、「嵯峨天皇」の子孫にあたるわけですが、同じく直径の子孫である「朝堂院大覚」にトラブルを解決してもらい、大きな“借り”を作っていたことが判明しました。

「朝堂院大覚」は、昭和から平成にかけて暴力団界隈や政財界、芸能界などで暗躍してきたフィクサーです。

○RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

朝堂院大覚

松田聖子は、2014年に家族で経営していた事務所から、元恋人(おそらく原田真二)の設立した事務所に移籍しています。

○松田聖子 個人事務所を退社、元恋人と設立した新事務所移籍

以下の動画によると、これまで松田聖子の事務所から芸能界のドンとして知られる「周防郁雄」に、ギャラのうち、40%を支払っていたそうですが、突然、移籍したことで周防を怒らせてしまったそうです。

怒った周防郁雄は、各テレビ局などに「松田聖子と娘の沙也加を出演させるな」と命令し、彼女たちを弾圧しはじめたそうです。

その弾圧に困り果てた松田聖子と原田真二は、朝堂院大覚の元を訪ね、周防による弾圧を止めてほしいと懇願したそうです。

朝堂院大覚は、その願いを聞き入れて、周防に松田聖子の独立を許すよう指示したらしく、そのお陰で、松田聖子も無事芸能活動を続けることができ、娘の沙也加もディズニー映画「アナと雪の女王」でヒロイン・アナ役に抜擢され、大きな活躍の場を得ることができました。(※ディズニーも創価学会の支配下にあります。)

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

このように芸能界で華々しく活躍してきた人物のほとんどが上級国民で、イルミナティと直結しているということです。

彼らイルミナティは自らの繁栄のために、大昔から生きた人間を悪魔の生贄に捧げることで大きく栄えてきたことがRAPT理論によって解明されていますが、現代の日本でもその忌まわしい悪魔崇拝儀式が行われており、芸能界も深く関与していることを過去の記事で述べました。

実際「三浦春馬」は、悪魔崇拝やそれに伴う幼児誘拐に、各芸能事務所や創価学会が関与していることを知り、告発しようとしたために殺されたのではないかと噂されています。

○【お知らせ】動画『【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇』がYouTube上で削除されましたので、改めて動画をブログ上にアップいたしました

そんな三浦春馬と接点の多い神田沙也加も、こういった芸能界の闇を知ったことで、何らかのトラブルに巻き込まれ、殺害された可能性が高いと言えます。

今後さらに神田沙也加の死の真相が明らかになり、手を下した犯人に厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本記事中のツイッター投稿からの引用にこうありますが、その通りになるものと私も思いました。
    いわく、「三浦春馬、竹内結子と絡めたことで2人の死に疑問を持つ人がさらに増えるでしょうね」。

    少なくとも、このケースは、彼女のような若いとはいえ大物の芸能人の変死事件であるわけですから、「カオナシ」クンことキキブン新首相と自民党および創価学会公明党による「国会」運営にとっては、再びかなり「有利」に働いたことは明らかですね。
    おかげで、ヤフーニュース・サイトの「国内」(国会その他を記事掲載)でも、本件は右上部のトップに記事が掲載され続けておりますし…。

    まあ、彼女くらいの「大物」でなければ、この半月で浮上した石原某(彼は問題の石原裕次郎の親戚)・元「内閣参与」その他の与党議員らによる「新コロ」助成金のグレーゾーンな「受給」問題で、じわじわ追い詰められておったキシブン「首相」が「臨時国会」逃げ切り劇を演じることは出来なかったのではないでしょうかね。

    まあ、キシブン「新首相」は、正当・合法の首相などとは言えませんので、あくまで「首相」に過ぎませんが、彼女の変死のおかげで、昨日、無内容で問題だった臨時「国会」も「無事閉会」されているわけです。
    この「無事閉会」(?)には、さすがのヤフーニュースですら、TBS系の「臨時国会が閉幕 世論と温度差も」との記事を「国内」コーナーのトップにのせざるを得ませんでした。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6413069

    その記事本文のさわりだけ、簡単に引用すると、「臨時国会はきょう閉幕し、いわゆる『文通費問題』の法改正は見送られました。見えてきたのは世論と国会との温度差です」とあります。
    この「文通費」とやらの問題とは、つまるところ、国会議員が税金から取っている歳費が多すぎる問題、ということですね。

    つまり、国会議員(やその他の役人たち)が税金で優雅に暮らす中、一般国民、とりわけ最下層民が過去1年来、人工的飢きんで餓死・栄養失調死においやられて来た問題の議論は「見送り」された、と言いたいわけです。
    宮崎アニメの「カオナシ」クンというキャラクターは、実はアブない「化け物」だとされておりますが、今、首相官邸・公邸の主となっているキシブンも、実はそれくらい危ない「首相」だと言って良いわけですね。
    いずれにしましても、臨時「国会」が昨日、「無事」に終了してしまったことで、わが国の「国会」がエセ議会に過ぎないことも「国家崩壊」が現実となったことも明らかになったと申して良いでしょう。

    すでに、わが国では厳しい冬将軍が到来しております。
    おかげで、私のような一般人で餓死対策に参加している一般国民は多忙となっております。
    わが国では、最近はネット広告もNPOやNGOといったチャリティ事業の団体の広告が目に付き、「誰も助けてくれないひとりおや家庭にご支援を」などなどのPRが増えておりますが、こうした現象も「国会」がエセ議会となってしまった結果です。

    今冬、私も今まで以上に多忙となりそうな予感ですが、まああの「能面の男」(笑)こと「カオナシ」キシブンには、この臨時「国会」中もほとほとウンザリさせられましたね。
    元々、10月31日「総選挙」とやらすら、投票所の3分の1もが定刻前に「閉鎖」された不正「総選挙」であったわけで、それを「貴重な信任を得た」と自画自賛したキシブン「首相」には、何ら正当性・合法性もなかったわけです。

    つまり、そもそも「文通費」問題どころか、今のわが国「衆議院」にはまったく合法性・正当性すらない、と「選挙」当日から問題があがっておったわけです。
    さらに、その当日、夜8時前には東京都内「京王線」において、疑惑が今も消えない鉄道テロ事件も勃発しており、創価学会公明党の大拠点である八王子市も話題の焦点となっていたわけです…
    八王子市は、東京都内において、京王線で都心とつながり、創価大学の本拠地でもある地域ですが、このテロ事件もいまだに詳細は不透明なままであり、1949年の「国鉄三大ミステリー」テロ事件などなどの鉄道テロの再来となってもおりますからね。

    「カオナシ」キシブンを「首相」にしたてあげた「選挙」らしいてん末であったわけですが、その後も国会から逃げ回り続け、12月になるまでロクに国会に顔も出そうとしなかったキシブン「首相」…
    こんなものに、わが国の首相がつとまるわけがありませんね。

    そのテイタラクを隠蔽するためにも、今回、変死事件で亡くなった彼女のような大物でそこそこ若い芸能人の「死」は、高い利用価値があったわけですね。
    そもそも、北海道警は元々「ウラガネ」問題において、地元新聞までが大々的に報道した問題だらけの「警察」です。
    そこで変死事件が起きれば、当然、「国会」とは直接、関係のない芸能人であったとはいえ、今回の彼女の変死のように「限りなくクロに近いグレー」の事件となって当然でした。

    まあ、なぜかは知りませんが、このキシブンはいきなり「憲法改正」(笑)も言い出したプッツン「首相」でもありますね。
    精神に異常でも?、と言われて当然の挙動不審ぶりではありましたが、一般国民を救済することなど何も出来ない不能首相ぶりはそれでもハッキリしておりました。
    「化け物カオナシ」クンの面目躍如、と言われて当然のキシブンですが、あっさり閉会した臨時「国会」ともども、わが国の「国家」は今、文字通り「幕末」状況に入ったと言うべきでしょう。

    一般国民にとって、もはや「納税の義務」より、市民どうしの相互扶助の方が義務となって参りそうです。
    冬将軍のおかげで厳しいシーズンもやって来ておりますが、今後はますます気を引き締めて進んで参りましょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment