RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業ファイザーによるアリーナ・ファーマ買収の裏側】猛毒のコロナワクチンをばら撒いた後は、大麻産業に注力し大衆を麻薬漬けにする計画

先日、創価企業ファイザーが、アリーナ・ファーマシューティカルズを買収し、免疫や心臓疾患に使用する薬品の開発にも注力し、ワクチンの副反応を利用してさらなるボロ儲けをしようと企んでいることが明らかになりました。

○創価企業ファイザーが、アリーナ・ファーマを約7600億円で買収 コロナワクチンの副反応で病人を増産し、心臓病・免疫疾患治療の分野でボロ儲けを企む

実はアリーナ・ファーマは、かねてより大麻産業に手を伸ばしており、大麻成分の「カンナビノイド」を使った治療薬の開発を行なっていることが分かっています。

アリーナ・ファーマの大麻事業の中核は「Olorinab(APD371)」という治験薬候補の研究開発で、消化器系疾患に伴う内臓の痛みを中心とした様々な症状の治療を目的として研究されています。

一部の人たちの間で、“どんな病でも治す特効薬”として注目されている大麻ですが、こういった情報は、大麻を合法化させるための世論誘導に他なりません。

○【朗報・大麻合法化の道が閉ざされる】京都大霊長類研究所教授が、大麻の合法成分「カンナビジオール」の投与実験など、4本の論文を捏造していたことが判明

かつて岸信介をはじめとした満洲人脈たちは、アヘンを大衆にばら撒いて暴利を貪り、その金で満州国を運営するという卑劣な手法で人々を支配していましたが、ファイザーも彼らと同じようにコロナ茶番とワクチンで疲弊した人たちを大麻漬けにして支配しようと目論んでいるように見えます。

○創価学会は日本最大の麻薬売買組織である。

○群馬人脈こそ麻薬売買の元締め 日本の麻薬売買の拠点は群馬県だった!!

今後、どんなに「大麻が体に良い」との宣伝が流布されたとしても、全ては大衆を騙すための嘘に過ぎないことを理解し、くれぐれも騙されないように十分に注意しなければなりません。

○【東出融の悪あがき】本田圭佑とDJ社長が大麻ビジネスについて対談 屁理屈をこねて視聴者を洗脳

○ニューヨーク州 娯楽用大麻合法化へ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment