RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業ファイザーが、アリーナ・ファーマを約7600億円で買収 コロナワクチンの副反応で病人を増産し、心臓病・免疫疾患治療の分野でボロ儲けを企む

米ファイザーは13日、米アリーナ・ファーマシューティカルズを買収することで合意したと発表しました。

発表資料によれば、ファイザーはアリーナ株1株につき現金100ドルを払い、約67億ドル(約7600億円)で買収したとのことです。

これによりファイザーは胃腸病学、皮膚科学、心臓病学に関するアリーナの資産を取得、炎症と免疫学における能力を補完し、2025年以降の成長に貢献するとしています。

現在、コロナワクチンの副反応によって、多くの人が心臓や免疫に異常をきたし、様々な病気に罹っていますが、それに伴い、今後、心疾患や免疫疾患に関する治療薬や医療器具の市場も爆発的に成長すると見込まれています。

つまりファイザーは、単に人々を殺戮するだけでなく、恣意的にワクチンによって健康な人を病気にさせて、高額な治療費でさらなる暴利を貪ろうと計画しているわけです。

https://twitter.com/zeronindesu/status/1469250882441453568?s=21

このようにイルミナティは、人々を不幸にする原因を作り出しておきながら、同時にそれを解決するヒーロー役を演じることで、莫大な富を掴み取り、世界を支配してきました。

ファイザーのように、人類が不幸にならなければ立ち行かない企業など、この世に必要ありませんし、人類にとって百害あって一理なしですので、一刻も早く倒産することを心から願うばかりです。

○【コロナワクチンはボロ儲けのタネ】創価企業ファイザーがコロナワクチンで売上高4兆円突破の見通し

○【元ファイザー社員カレン・キングストンによる告発】ファイザー社のブーラCEOは、コロナワクチンが身体障害を引き起こし、死を誘発することを最初から知っていた

○創価企業ファイザーが、薬害によって多くの人々を殺害してきた歴史

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment