RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

販売価格3000円以上のファイザー製コロナワクチンの原価は、たった113円だった!!

, …

創価企業ファイザーは、原価76ペンス(約113円)に過ぎないコロナワクチンの価格を釣り上げて、22ポンド(約3284円)で販売し、暴利を貪っていたことが明らかになりました。

英紙ガーディアン日曜版のオブザーバーが5日、この事実を暴露し、「ファイザーがこのように“暴利”といえる利益を得ているのは、秘密維持契約条項のおかげ」だと分析しているとのことです。

現在英国政府は、ファイザーとコロナワクチン1億8900万回分の契約を締結し、秘密維持条項に合意しています。

(※秘密維持条項とは、ビジネスの遂行にあたって第三者に知られたくない情報を、その取引の当事者だけの機密として守るための条項です。)

しかもファイザーは、猛毒を高値でばら撒いて、人々を病気にし、殺戮してきたにもかかわらず、これから何年も同じことを繰り返そうと目論んでいます。

○創価企業ファイザーのブーラCEO「コロナワクチンは毎年、何年間も接種が必要になる」と述べ、批判殺到

このような卑劣極まりない殺戮行為を一刻も早く阻止するためにも、ファイザー社はもちろんのこと、その母体である創価学会の滅びを続けて強力にお祈りしなければなりません。

コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○コロナワクチン開発の第一人者ファイザーCEO「自分のような健康な人にはワクチン接種は勧められない」と語る

○【元ファイザー社員カレン・キングストンによる告発】ファイザー社のブーラCEOは、コロナワクチンが身体障害を引き起こし、死を誘発することを最初から知っていた

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment