RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

上級国民のYOSHIKI、コロナワクチンの追加接種を報告するも「嘘くさい」「どうせプラセボ」など批判殺到

X JAPANのYOSHIKIが18日、自身のツイッターを更新し、コロナワクチンの追加接種をしたと報告しましたが、「打ったフリではないか」「嘘くさい」「どうせプラセボ」「危険なワクチンを推奨するなどあり得ない」など、猛批判を浴びています。

YOSHIKIは今年4月、ロサンゼルス滞在中に「2回接種」の必要ない、ジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチンを打ったそうですが、それに加えて先月、医師の指導のもとに、ファイザー製のワクチンを追加接種したとのことです。

以下は、先月ファイザー製ワクチンを接種したときの様子ですが、サングラスに大きなマスクで顔を覆い隠しているため、そもそも本人かどうかも分かりません。

また、腕に注射針が刺さっていないため、いずれにしても打ったフリをしている疑いが濃厚です。

YOSHIKIは、昭和天皇の妻・香淳皇后にそっくりな上級国民であり、コロナ茶番を大いに煽ってきた創価信者の山中伸弥・京大教授とズブズブの関係にあります。

ですから、コロナワクチンが殺戮兵器であることも当然、知っているはずです。

したがって、YOSHIKIはファンをはじめ、国民にワクチン接種を促すための広告塔に過ぎないというわけです。

https://twitter.com/muhimuhi20/status/1291624223073501186?s=21

一方、こうしたYOSHIKIのあからさまなワクチンキャンペーンに多くの人が嫌悪感を抱き、Yahoo!ニュースのコメント欄には批判が殺到しています。

このように、日本では大規模なデモこそ開催されないものの、多くの人たちがワクチンの危険性を知り、接種を強要する政府やマスコミにうんざりし、不信感を抱いています。

ですから、YOSHIKIのように一世を風靡したミュージシャンであったとしても、ワクチンを宣伝することで、国民からどんどん忌み嫌われていくことでしょう。

こうして悪魔に魂を売り、国民の大量殺戮に加担した悪人たちが、一人残らず神様から裁かれて滅びますことを心から祈ります。

○「運動時にもマスクをしろ」と無責任発言をして子供を殺害した中国人の「山中伸弥」が、ワクチンの副反応は「数日で必ず治ります」などとトンデモ発言

○山中伸弥の無責任発言が原因か? マスクをつけて持久走をした小5男児が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment