RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【制裁金約3170億円】創価企業Googleが、独禁法違反でEUに敗訴 自分に都合の良い検索結果だけを表示した報い

欧州連合(EU)の下級審である一般裁判所は10日、グーグルの商品価格検索サービスをめぐり、EU競争法(独占禁止法)違反で約24億2000万ユーロ(約3170億円)の制裁金を科した2017年の欧州委員会の決定を支持する判断を示しました。

欧州委は、価格を比較できる「グーグル・ショッピング」の検索結果において、グーグルの商品が画面上で最も目立つ位置に表示され、他社の同様のサービスの結果が下位となることについて、ネット検索での支配的地位を乱用しているとして問題視し、制裁金を科していました。

それを不服としたグーグルが申し立てを行っていましたが、EUの一般裁判所は、同社の訴えを退けました。

グーグルの広報担当者は10日の声明で、「判決は非常に具体的な一連の事実に関するものであり、これから詳細に検討するが、当社は2017年の時点で、欧州委員会の判断に従うよう、変更を実施している」と述べ、上訴するかどうかについては言及しませんでした。

グーグルはもう既に世界中から嫌われ、巨額の制裁金をありとあらゆる国家から科されていますが、ここに来てさらに窮地に追い詰められています。

○巨大化するグーグルが、世界的な「独占禁止法の網」に捕らえられようとしている

しかも、グーグルがコロナ茶番に加担し、ワクチン利権によって暴利を貪ってきた上、自分たちに都合の悪い情報はことごとく弾圧してきたことが、元社員の内部告発により暴かれてしまいました。

○【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与

○【創価企業Googleの元社員による内部告発】Googleは検索結果もYouTubeの再生回数やいいね!も全て操作し、庶民を洗脳してアメリカの国家転覆を謀っている

https://twitter.com/scenery1000/status/1266856825342717952?s=20

したがって、どんな言い逃れも不可能で、せっかくコロナ茶番でボロ儲けしたお金も、巨額の制裁金を支払うために着実に搾り取られている状況です。

今後も、不正を働くグーグルをはじめとした創価企業が、一つ残らず滅び去ることを心から祈ります。

○【裁きに次ぐ裁き】フランスの競争当局がグーグルに制裁金650億円

【フランス】オンライン広告で自社を優遇したとして、グーグルに約290億円の制裁金

○【さらに追い詰められるGoogle】米37州当局がGoogleを提訴、アプリ市場で独禁法違反

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment