RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業・楽天グループが922億6200万円の赤字 人口削減や移民政策に加担した報いか?

楽天グループは11日、2021年1~9月期連結決算の純損益が922億6200万円の赤字だったことを明らかにしました。

携帯電話事業での基地局投資や他社の通信網を借りるローミング費用の負担が重く、赤字幅は前年同期の714億円から拡大しました。

三木谷浩史社長は11日の決算説明会で、携帯電話事業について「23年中の単月黒字化は十分可能だ」と語っていますが、黒字に至るまで契約台数1000万件の上積みが必要とのことで、採算を取るのは現実的に難しそうです。

https://twitter.com/aratwolife/status/1458703988254072834?s=21

三木谷社長はコロナワクチン接種を推進し、人口削減計画に加担してきた上、移民政策を強く推している売国企業家に他なりません。

○創価企業・楽天の三木谷会長「デジタル社会構想会議」で移民政策を強調 岸田政権下で着々と進む売国政策(背後に孫正義、池田大作‥etc)

したがって、こうして無謀な携帯事業に参入し、大赤字を出してしまったのも、まさに因果応報と言うしかありません。

三木谷をはじめ、コロナワクチンによって多くの人々を殺戮した者たちが、一人残らず厳正な裁きを受けますように心から祈ります。

○コロナワクチン3回目接種が来月からスタート 「変異株が自滅しているのにワクチン接種をする」という支離滅裂な状況に

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

○【創価とズブズブの医薬品医療機器総合機構】コロナワクチンの治験評価を大幅に簡素化し、国産ワクチンでの人口削減を目論む

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment