RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

接種予約が埋まらず、各地の自治体が10月いっぱいで集団接種を終了 群馬人脈の櫻井翔が「ワクチンは全て配り終わった」と嘘をつく

ここ最近、誰もワクチンを打ちたがらないため、各地の自治体が集団接種会場を10月いっぱいで閉鎖することを相次いで決定しています。

しかし、ニュースZEROのメインキャスターを務める櫻井翔は、その事実から国民の目を逸らそうと苦しい言い訳をしています。

櫻井翔は、9月までに希望するすべての人に接種できる量をほぼ配り終えたため、集団接種会場を閉鎖すると説明し、国民の大半が接種を終えているかのように語りました。

しかし、実際のところは、国民がワクチンの危険性を知り、接種を拒否しているため、集団接種会場の予約もガラ空き状態になっており、各自治体も接種会場を閉鎖するしかない状況に追いやられているわけです。

○【コロナ茶番終了】日本各地のワクチン集団接種会場の予約が埋まらず次々と閉鎖

○【日本でもコロナ茶番終了の兆し】静岡県の大規模ワクチン接種会場の予約率わずか5% 10代〜30代の接種率もたったの30%程度

○【コロナ茶番もいよいよ終了】日本中で大量に余るコロナワクチン 大規模接種会場や各自治体でも予約“がら空き状態”に

○【国民がワクチン接種を続々と拒絶】職場接種会場のキャンセル1000件超に

そもそも、イルミナティたちは2023年までコロナ変異株を次々と登場させ、コロナ茶番を続ける計画を立てていました。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

○星野リゾートによる日本乗っ取りが絶好調 2023年にコロナが終わると予測し、コロナ後を見据えた観光業に着手

しかし、コロナ計画の首謀者であるビル・ゲイツが死刑に処されたため、彼らに与してきたイルミナティたちも次々とコロナ茶番から手を引くしかない状況となっているわけです。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

そんな中、ビル・ゲイツを輩出した郡馬人脈たちは、未だにワクチン接種を進めようと悪あがきしているため、同じ郡馬人脈の櫻井翔を使って、「誰もワクチンを打ちたがっていない」という事実を隠蔽しようとしたわけです。

○ポンコツ探偵役がハマる“超”上級国民・櫻井翔の素顔

○【大スクープ!!】パソナとパナソニックとサムスンは血縁で結ばれている 竹中平蔵と松下幸之助と櫻井俊は親戚=李家だった

こうしてメディアを使って国民を洗脳し、未だに大量殺戮を遂行しようと悪あがきする郡馬人脈どもが、一人残らず滅び去ることを心から祈ります。

○【名古屋・集団接種会場】コロナワクチンの副反応により2日間で男女5人が救急搬送 累計で35人が救急搬送

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment