RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【名古屋・集団接種会場】コロナワクチンの副反応により2日間で男女5人が救急搬送 累計で35人が救急搬送

, …

名古屋市の5箇所の集団接種会場で10月9日と10日の2日間に、コロナワクチンを接種した20代〜40代の男女5人がその場で副反応を発症し、救急搬送されたことが明らかになりました。

このうち20代の男性は、接種後に意識を失って倒れ、別の20代の男性は血圧が急激に下がるショック反応を起こしたほか、30代の男性に至っては痙攣を起こすなどしたそうですが、いずれも搬送後に症状がおさまり、その日のうちに帰宅したとのことです。

市によると、若者への接種を進めるにつれ、意識を失うなど、これまでよりも重い副反応を発症するケースが続出しているとのことで、市の集団接種・大規模接種会場で救急搬送された人はあわせて35人に上ると発表しています。

この報道に対し、Yahoo!ニュースのコメント欄では、こうした報道も氷山の一角に過ぎないとして、批判の声が殺到しています。

一方、こうした報道に対し、未だに単なる迷走神経反射、つまり注射などのストレスで失神を起こしているに過ぎないと言って、必死で火消ししようとする工作員も見受けられます。

しかし、インフルエンザワクチンなど、他の注射ではここまで数多くの人たちが失神し、救急搬送されたケースはありませんので、彼らの言うことには何の説得力もありません。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1410923140914442240?s=20

また、救急搬送された人たちが一時的に回復したように見えても、その後、いつ急変するかも分かりません。

特に若い人たちは心臓に異常が現れるケースが多く、死に直結する場合もありますので、ワクチンの危険性を正しく理解し、絶対に接種しないようにしなければなりません。

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

○仏テニス選手がコロナワクチン接種後、全身の激痛でプレイできずシーズン中断 次々と副反応で体調を崩すスポーツ選手たち

○ファイザー製コロナワクチンの副反応で倒れた49歳女性 2度のICU治療と入院で費用は100万円超(保険適用後でも自己負担40万円)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment