RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【兵庫県】楽天ポイント2000円分で命と引き換えに若者にワクチン接種させようと目論む

兵庫県は若者のコロナワクチン接種を促進するため、2回の接種を終えた県内在住・在学の18歳以上の学生を対象に、オンラインショップなどで使える計2000円相当のクーポンやポイントを付与すると発表しました。

ワクチン2回接種のほか、県が運営するオンライン会員制度「ひょうごe―県民制度」への登録を条件に、楽天ポイント1000円分と、電子商取引(EC)の楽天市場に設けた県公式オンラインショップ「ひょうごマニア」で使用できる1000円分のクーポンを付与するとのことです。

13日に記者会見を開いた斎藤元彦知事は「若い世代でワクチン接種が進むのが社会全体にとって大事」と述べました。

11日時点の県内におけるワクチン接種率(2回接種)は、10代が27.2%、20代は47.6%にとどまっており、若者の大半がワクチン接種を拒否していることが分かります。

ここ最近、自分の健康のためではなく、周囲の人のため、経済を守るためとして、“思いやり”を強調して接種を受けさせようとする動きがあちこちで見られます。

以下は福岡のワクチンの広告ですが、思いやりではなく、もはや“重い槍”だと批判が殺到しています。

このように政府は、ポイントを付与したり、良心に訴えかけるような形で、若者にワクチンを接種させようと悪あがきしていますが、そういった彼らの甘い言葉に騙されることなく、ワクチンの危険性をしっかりと理解して、絶対に接種しないように注意しなければなりません。

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment