RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

河野太郎が、中国人によるウイグル人権侵害行為(大量虐殺・拷問・強制労働・臓器狩り・人身売買etc..)を公に容認

自民党総裁選に立候補した岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は、22日までに中国政府によるウイグル人をはじめとした諸民族への人権侵害行為を非難する国会決議について「採択すべきだ」との考えを示しました。

これは、日本ウイグル協会など国内13の民族団体などで構成する「インド太平洋人権問題連絡協議会」が候補者たちにアンケートを実施し、その結果に基づくものです。

しかし、この質問に対して、河野太郎だけは回答しなかったとのことです。

同協議会によれば、河野太郎の事務所はわざわざ「回答しない」と連絡してきたそうです。

つまり、河野太郎は中国で行われているウイグル人などへの強制労働や、虐殺行為を容認すると表明したも同然であり、現在ネット上では大炎上しています。

中国人の残虐さは異常としか言いようがなく、殺戮した死体を人体模型に加工して金儲けをしたり、人身売買、臓器売買、拷問、強制労働なども当たり前のように行われ、その凄惨な事例を挙げればキリがありません。

○大連にあった人体加工工場の元従業員による告白

○人体標本展を中止、拷問死した中国人の可能性 スイス

○【新疆ウイグル人権問題】 ウイグル人を強制労働させているのは全て創価企業だった!!

河野太郎は、こうした一連の残虐行為を非難するつもりがなく、むしろ容認するとのことですから、いかに異常な精神の持ち主であるかがよく分かりますし、これでは日本人にワクチンを打って大量殺戮することなど訳もないことでしょう。

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

また、先日炎上した河野太郎一族が経営する「日本端子」と中国との関係について、記者から質問された際にも、相変わらず横柄な態度を取り、核心的な回答を避けています。

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

このように河野太郎は、庶民の人権を一切尊重しない、中国共産党員の一人だということが改めて明白になりましたので、即刻、政界から排除されて然るべきだと言えます。

河野太郎のような中共の下僕が政界に蔓延っている限り、中国で行われている蛮行がいつ日本で実行されてもおかしくありませんので、河野一族、そして全ての媚中派政治家どもが滅び去るよう、強力にお祈りしなければなりません。

○河野太郎一家は、指定暴力団・山口組とズブズブの関係にあることが発覚

○河野太郎一族が「日本端子」を通して中国共産党と利益相反の関係にあることが発覚し大炎上 

○【中国人・河野太郎の二枚舌がひどすぎる】総裁選への出馬表明会見で心にもなく保守系発言を連発し、かえって国民から怒りと不信を買い、墓穴を掘る

○日本人モドキの河野太郎と高市早苗「ロックダウン」の必要性を訴え、日本経済を破綻させ、中国人=李家による日本乗っ取り加速へ

○河野太郎はやはり中国人=李家!! 従軍慰安婦問題をめぐる「河野談話」を容認し日本を貶め、靖国神社参拝反対で批判殺到

○【河野太郎は中国人=李家】河野太郎が国民のツイッターアカウントをブロックするのは、根本的に日本人が嫌いだから

○群馬人脈=李家のひろゆきが、中国人(李家)が日本を乗っ取っていく具体的方法を自ら暴露

○【やはり自民党総裁選は中国人のお祭りだった】高市早苗も中国マフィア青幇のドン「杜月笙」の子孫である可能性大!!

○【自民党総裁選は中国人のお祭り】夫が元暴力団員の「野田聖子」は、習近平国家主席の隠し子である可能性大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment