RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

群馬人脈=李家のひろゆきが、中国人(李家)が日本を乗っ取っていく具体的方法を自ら暴露

2ちゃんねるの創設者「ひろゆき」が、自身のYouTubeチャンネルで今後、日本が中国にどのような形で乗っ取られていくのかについて、具体的に解説しています。

こちらの動画では、日本の政治家の候補者たちを一人1億円程度で中国人がバックアップし、選挙に臨ませ、多くの媚中派の政治家を生み出す方法や、中国籍の政治家を市長などに擁立する方法などが、かなり具体的に語られています。

ここ最近、中国共産党100周年を祝うメッセージを送ったとして、河野洋平や二階俊博といった政治家が批判されていますが、こうした状況を鑑みると、もう既に日本政府は中国に乗っ取られ、実効支配されていることがよく分かります。

○「川勝平太」静岡県知事は毛沢東支持者 習近平の政策も絶賛

○【河野太郎も群馬人脈(創価・李家)だった!!】河野太郎の父・河野洋平が中国共産党100周年を記念して祝電を送る

○自民と創価と中共のパイプ役・二階俊博幹事長が中共100周年を祝う電報を送り、批判殺到

こうしてひろゆきが具体的に中国による支配の方法について詳しく語ることができるのも、彼自身、多くの媚中政治家を生み出してきた群馬人脈=李家の一人だからに他なりません。

○【創価信者、かつ天皇と竹中平蔵と安倍晋三の親戚】ひろゆきがコロナワクチンを接種し、大した副反応はないと庶民を洗脳

日本を乗っ取っている本人だからこそ、その手の内がよく分かるわけです。

また、中国による日本の実効支配は、政界だけでなく、太陽光発電ビジネスや企業、不動産の買収、移民政策など、さまざまな形で進められています。

そして今では、ブロック太郎こと「河野太郎」と名乗る中国人が、李家の人気YouTuberとコラボしながらコロナワクチンを宣伝し、私たち日本人を大量虐殺しようと目論んでいます。

〇【群馬人脈=李家のコラボによる卑劣な洗脳工作】はじめしゃちょーと河野太郎がYouTubeでワクチンは危険ではないとデマを拡散

私たち日本人は、自分の国が中国人によって侵略されていることをはっきりと理解し、無関心を決め込むのではなく、むしろ一人一人が危機感を持って、彼らの全ての目論見をあぶり出し、叩き潰していなければなりません。

○ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か

○政府が海外企業による日本乗っ取りを促進 外国人幹部を2030年までに20万人にするとの目標を定める

○【李氏朝鮮の復活】李家による合法的な土地の乗っ取りを可能とする「土地規制法」が衆参両院で可決

○【土地規制法案】国家ぐるみの土地の乗っ取り、集団ストーカー行為が可能となる法案が衆院本会議で可決

○李家による日本乗っ取りのため「銀行法」「金融商品取引法」が改悪

○【仁風林接待の代償】西村大臣がテレワークを強要し、李家による日本乗っ取りを促進

○【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment