RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

小池百合子が重度の過労で入院 本物が死亡した可能性も

東京都は22日、小池百合子知事が過度の疲労で静養が必要になったとして、今週の公務を取りやめると発表しました。

小池知事は同日、都庁に登庁し、都医師会や自治体とワクチン接種について協議するオンライン会議に出席した際、「すみません。声がかれていまして、恐縮です」と息を切らした様子で話しており、午後には都内の病院に入院したそうです。

その間、小池知事の公務は、多羅尾光睦副知事が代行するとのことです。

これまで本物の小池百合子の代役として、何人もの影武者が活動していることが判明していますが、東京五輪を控えた大事な時期であるにもかかわらず、こうして公務を休むことを表明したということは、本物の小池百合子が実際に倒れ、各方面に指示を出せなくなった可能性があります。

https://twitter.com/3_threebeans/status/1312533582871621634?s=20

昨年、安倍晋三も同じように複数の影武者がいるにもかかわらず、持病が悪化したのを理由に検査入院などで休養を取りましたが、その後すぐに総理の職を辞し、同時期に死亡していたことが発覚しました。

今回の小池の入院も、安倍晋三が辞職する前の状況とよく似ているため、小池本人が死んでしまった可能性も十分にあり得ます。

現在、神様が次々とイルミナティの要人たちを裁いて下さっていますので、ついに小池百合子にも裁きが下り、最終手段として公務を休むしかない状態に陥っているのかも知れません。

東京都の五輪パブリックビューイングを全て中止し、ワクチン接種会場へ転用  電通への利益供与と人口削減を同時並行で進める小池百合子

小池百合子が東京都知事に就任した後、たった一年で東京都の貯金が99%も減少したことが発覚

小池百合子と対立した元都議会議長の川井重勇、大腸癌で死亡

小池百合子 カイロ大学卒業は嘘! 学歴詐称に影武者 都知事としての信用度は限りなくゼロ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)