RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【政治家はワクチンが危険だと知っている】コロナワクチン、国会議員優先接種の見送りを決定

自民党の佐藤勉総務会長は25日、国会議員のワクチン接種について「大事な議論をしている国会が誰も打っていないということ自体が、危機管理上おかしい」と述べ、接種を「検討するべきだ」との考えを示しました。

また、佐藤勉総務会長は、「国会はクラスターが起きないことが不思議なくらいの状況下だ」として、「世論が怖くて、国会議員が打てないというのはおかしい」と強調しました。

〇自民 佐藤総務会長 “国会議員へのワクチン接種 早期実施

しかし議員たちは、国民より先にワクチンを接種するのはかたじけないと思っているわけではなく、単にワクチンが猛毒に過ぎないと分かっているから、ワクチンを接種しないだけです。

ですから実際、この話が持ち上がった翌日、自民党(森山裕)と立憲民主党(安住淳)が直ちに会談し、国会議員のワクチン優先接種を当面の間は見送ると発表しました。

もし国会議員全員にワクチンを打つことになれば、国会が全滅しかねませんし、国民にワクチンが危険であるということを自らの手で証明してしまうことにもなりかねません。

そのため、「国民の理解が得られなかった」などと、国民が議員のワクチン接種を望んでいないかのように適当なことを言って、この場を乗り切ったわけです。

もっとも、彼らは庶民の代表などではなく、庶民の血税を吸い取る寄生虫に過ぎませんので、いっそのこと全滅してもらった方が庶民にとっては良いのかもしれませんが、いずれにせよ、ワクチンは国会議員が断固として接種を拒否するほど、“危険な代物”だということです。

今回の議員たちのあからさまな反応で、ワクチンの危険性がさらに浮き彫りとなりましたので、私たちもまた彼らと同じく、断固としてワクチン接種を拒否しなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment