RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価学会の悪あがき】子供たちの憧れ「スーパーマン」がバイセクシュアル(両性愛者)をカミングアウト 漫画でLGBT思想を広める

アメコミの中でも絶大な人気を誇ってきた「スーパーマン」が、DCコミックス「スーパーマン:サン・オブ・カルエル」シリーズの最新巻で、バイセクシュアル(両性愛者)として描かれいることが明らかになり、物議を醸しています。

最新刊に登場するスーパーマンは、初代スーパーマンの「クラーク・ケント」と「レイン」の息子、「ジョン・ケント」となっています。

そして、コミック第5巻では、その「ジョン・ケント」と、男性記者の「ジェイ・ナカムラ」が恋に落ちるストーリーが描かれているようです。

https://twitter.com/yousayblah/status/1447581313918242818?s=21

スーパーマンのシンボルカラーは創価学会の三色旗と同じであり、アニメや漫画を使った洗脳工作も彼らの常套手段です。

○「君の名は。」は創価アニメ 新海誠も李家・群馬人脈だった

○ワクチン接種を強要するアニメが収録された小学館「めばえ」9月号の付録DVDに批判殺到

○アニメ業界も創価学会に毒されている

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅤ】宮崎駿は池田大作の親戚だった!! ジブリは暴力団、エログロ集団と蜜月のペドフィリアだった

創価をはじめとしたイルミナティどもは、スーパーマンまで悪用し、「LGBTが素晴らしい」と子供たちに刷り込もうとしているようです。

過去の記事でも述べましたとおり、「LGBT」を尊重する考え方は、大本教などのカルト思想を基にしており、この世のモラルを破壊し、社会を腐敗させる危険なものです。

○安倍晋三の親戚「斎木陽平」 が“ゲイ”だとカミングアウトし、LGBT思想を広めるために衆院選の立候補を検討

○イルミナティはLGBTと一緒に小児性愛までも普及させようと目論んでいる

しかし、イルミナティたちはホモ行為や乱行をコミュニケーションの手段にしているため、国民にもそれらが素晴らしいものだと思い込ませて、自分たちの威信を守ろうとしているわけです。

ここ最近、再び「LGBT思想」を広めようとする動きが強まっていますが、男女の違いを尊重し、互いの長所や短所を理解し、それらを補い合う社会こそ、真に平和で健全な社会だと言えますので、アニメや漫画、ドラマの演出に惑わされることなく、人間としての常識やモラルをきちんと保って生活しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment