RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【強制労働大国ニッポン】米国務省、日本の外国人技能実習は人身売買だと批判

米国務省は1日、世界各国の人身売買に関する2021年版の報告書を発表し、日本の外国人技能実習制度について「外国人労働者の搾取」などと批判しました。

米国務省は「外国を拠点とする人身売買業者と国内の業者が外国人労働者を搾取するために悪用し続けた」と指摘した上で、問題があるとの報告が続いているにもかかわらず、政府が十分な対応をとっていないなどとして、日本について4段階の評価で昨年と同じ上から2番目としています。

日本での外国人技能実習生の待遇は、かねてより問題視されてきましたが、今でも一向に改善されておらず、実習生たちが脱走し、不法就労者と化してしまう原因にもなっています。

○外国人技能実習生、異例の過労死認定 残業122時間半

○実習生失踪、7割「低賃金」 聞き取り記録を開示

こうして日本で外国人実習生が奴隷のように働かされているのは、昔から秦氏や出雲族などのイルミナティが、庶民や朝鮮人たちを奴隷にして強制労働させてきた名残だと言えます。

例えば麻生太郎の一族は、古くから炭鉱事業を生業にし、莫大な富を築き上げてきましたが、末端で働かされていた人たちは「タコ部屋」という狭く劣悪な環境に押し込められ、過酷な長時間労働を強いられていました。

○「麻生太郎」とロスチャイルド家との強力なつながり。またはベンジャミン・フルフォードの正体。

また、戦時中に皆神山の地下に「松代大本営」が作られた際にも、多くの朝鮮人たちが過酷な強制労働を強いられたという記録が残っています。

○強制労働の現場「松代大本営」を語り継ぐ人々

このように枚挙に暇がないほど、日本では当たり前のように奴隷と見なされた人たちが強制労働させられてきた歴史があるのです。

現代の日本も、昔と変わらず同じイルミナティ一族によって支配されていますので、未だに強制労働や人身売買が行われていても何ら不思議ではないのです。

日本人は自分たちの国を平和で安全な国だと思いがちですが、実際には人を人とも思わない悪人どもがこの国を支配しています。

これ以上、私たちの人権が脅かされることがないよう、彼らイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

○【移民が進む日本の闇】孫正義の「Uberジャパン」外国人の不法就労を助長し書類送検

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment