RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

山本太郎の正体は金日成の血筋 JAL123便を墜落させた群馬人脈・池田大作とも血縁

れいわ新撰組の「山本太郎」は、昨年行われた東京都知事選で注目を集め、今年1月には、次期衆院選にも立候補するとの考えを示していますが、彼は北朝鮮建国の父「金日成」や創価学会の第3代会長「池田大作」と血縁関係にあり、さらにJAL123便墜落事故を起こした「群馬人脈(出雲族)」の一人であることが判明しました。

山本太郎は、若き日の金日成にそっくりです。

そして金日成は、池田大作と似ていることが判明していますので、山本太郎は「金日成」とも「池田大作」とも非常に近い血縁関係にあると考えられます。

また、彼ら三人の生まれ年を比較していきますと、

金日成1912年生まれ→池田大作1928年生まれ→山本太郎1974年生まれ

となります。

この三人の年齢差から考えると、山本太郎は金日成の孫かひ孫、あるいは池田大作の息子か孫であると考えられます。

実際、山本太郎は北朝鮮人脈とパイプが太く、「よど号ハイジャック事件」の犯人の息子「斎藤まさし」を選挙参謀として配置しています。

さらに、山本太郎は、北朝鮮拉致被害者家族の「蓮池透」を、れいわ新撰組から出馬させたこともありました。

この北朝鮮拉致問題は、李家と北朝鮮が結託し、日本人から税金をぼったくるためにでっち上げられた茶番劇であることがRAPT理論によって暴かれています。

また、山本太郎が昨年の東京都知事選に立候補した際には、街頭演説の場に多くの創価信者が駆けつけ、山本太郎と創価学会がズブズブの関係にあることが明らかになりました。

山本太郎が北朝鮮人脈や創価学会とズブズブの関係にあるのは、金日成や池田大作の血縁者だったから、というわけです。

では、金日成や池田大作は一体何者なのか、ということになりますが、彼らもまた群馬人脈(出雲族)の一味であることが判明しました。

金日成は、伊達家の御曹司で、かつ日本の旧陸軍士官学校出身の日本人だと言われています。

○“初代”金日成は旧陸軍士官学校出身 卒業名簿に本名記載、伝説的抗日運動家、政権が名声利用

○北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

○日本と北朝鮮は完全なる同盟国であり、両国とも朝鮮人によって実効支配されています。

○ 北朝鮮は天皇のやりたい悪事を代わりに請け負う「代理人」です。

そして「伊達家」は、「下毛野氏」を祖とする説があり、「下毛野氏」は、かつて群馬県や栃木県一体(毛野)を支配していた「毛野氏」と同族です。

○Wikipedia-伊達氏

「毛野氏」は元を辿ると「出雲族」の一派であり、歴史の流れとともに、群馬(上毛野)を支配する「上毛野氏」と、栃木(下毛野)を支配する「下毛野氏」に分かれたとされています。

○毛野氏考(上毛野氏/下毛野氏)

ですから、伊達家の血筋である金日成も、彼にそっくりな山本太郎も池田大作も皆、悪名高い“群馬人脈”ということになります。

また、創価学会の第4代会長を務めた北条浩もまた、伊達政宗の子孫だということが分かっており、彼の面影もやはり山本太郎にどことなく似ています。

ちなみに伊達政宗といえば、徳川家(群馬人脈)の家臣であり、彼のシンボルとも言える兜に取り付けられた三日月は、出雲族の妙見信仰(つまり国常立信仰)の名残だと言われています。

以上のことから、北朝鮮も創価学会も初めから群馬人脈によって支配されてきたと言えるわけです。

ですから、伊達家の血を引いた山本太郎が創価学会から支援されるのは、至極当然の流れだと言えるでしょう。

山本太郎は、これまで庶民の味方であることを熱烈にアピールしてきましたが、彼の掲げる政策は北朝鮮や創価学会の思想そのものですから、初めから庶民のために政治を行う気などさらさらありません。

山本太郎がどんなに「あなたを幸せにしたいんだ」と熱狂して演説していたとしても、決して彼の言うことを信じてはいけません。

ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

日本の宇宙ビジネス詐欺の首謀者は“群馬人脈”だった 日本橋が宇宙詐欺の拠点と化す

【群馬人脈のドル箱】電通が倒産の危機 オリンピック中止で放映権全額払い戻し

群馬人脈こそ麻薬売買の元締め 日本の麻薬売買の拠点は群馬県だった!!

堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

【竹下登の孫DAIGOの妻】北川景子は、創価・群馬人脈(九鬼家)の“超”上級国民だった!!

【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment