RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン接種率世界一のイスラエルでコロナ感染拡大 ワクチンの副作用で感染を捏造していることが立証される

, …

コロナワクチン接種率世界一と言われるイルラエルで、コロナ感染者および死亡者が急増していることが明らかになりました。

以下は、3回目のワクチン接種が開始されたイスラエルと、接種率9%のパレスチナのコロナ感染者数を比較したグラフです。

見ての通り、イスラエルではコロナ感染者がうなぎ登りに増えていますが、一方のパレスチナではコロナ感染者がさして出ておらず、現在では限りなくゼロに近付いています。

これまで何度も述べてきました通り、コロナワクチンには酸化グラフェンと呼ばれる有毒物質が含有されています。

この酸化グラフェンを体内に取り込むと、体内のあちこちで血栓が作られ、免疫システムが崩壊し、肺に入った場合は、コロナの症状と同じように肺炎を引き起こします。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○マウスの気管内に投与された酸化グラフェンの生体内分布と肺毒性

酸化グラフェン: 毒性試験

グラフェンやグラフェン誘導体は優れた物理的特性を持つため、例えば薬物送達担体など、多様な応用可能性が示唆されている。

中国科学院上海応用物理研究所のChunhai Fan率いる研究チームはこのたび、こうしたグラフェン系ナノ材料を生物医学に利用する際に起こりうる安全性の問題を評価するため、マウスを使ってナノスケール酸化グラフェン(NGO)の分布と毒性を調べた。

研究チームは、NGO 片をヨウ素の放射性同位体(125I)で標識して吸入曝露させた後、マウス体内での分布を追跡した。

125I―NGO は、3か月の試験期間にわたってほとんど肺に留まり、そこで用量依存的な急性肺障害や慢性肺病変を引き起こすことがわかった。

さらに、125I―NGOの分布は125Iイオンの分布と異なることも明らかになった。

つまり、吸入されたNGOが、放射性吸着種を肺の奥深くに運び込んでいる可能性が高いことになる。

この結果は、ヒトの健康への潜在的リスクを調べる必要性とNGO片の大きさを最適化して毒性を最低限にする必要性を浮き彫りにしている。

したがって、ワクチンによって副作用を発症した人を、いくらでもコロナ感染者に仕立て上げることができますし、感染拡大を演出することができます。

実際、イスラエルのコロナ患者の大半が、ワクチン接種済みであることが分かっています。

○【コロナワクチンがコロナの症状を引き起こす】イスラエルのコロナ新規感染者の84%がコロナワクチン接種者だった!

現在、日本においてもコロナの感染拡大が進んでいますが、これも同じ仕組みによるものだと考えられます。

○クルーズ船でワクチン接種済みの乗客27人がコロナ感染 ワクチンの副作用をコロナ感染と報じるマスコミの闇

○【コロナ第5波という新たな茶番】ワクチン接種で副作用を発症した人をコロナと診断、感染者を捏造

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

こうしてイスラエルとパレスチナの感染状況が分かったことで、ワクチン接種によってコロナ感染が捏造されていることがはっきりと立証されました。

私たちはこのインチキなカラクリをしっかりと把握して、政府やマスコミの垂れ流すデタラメな情報に騙されないよう十分に注意しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment