RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナワクチンがコロナの症状を引き起こす】イスラエルのコロナ新規感染者の84%がコロナワクチン接種者だった!

, …

イスラエル政府は22日、コロナウイルスの変異株「デルタ株」の感染が拡大しているとして、解除していた行動制限措置を29日以降に再導入すると発表しました。

同国のメディアによると、新規感染者の半数以上がファイザー社製ワクチンの接種を2回受けており、ホロビッツ保健相は「新型コロナとともに生きる」覚悟が必要だと述べました。

また以下の動画によると、イスラエルでの新規感染者の84%がワクチン接種済みだという情報もあります。

コロナの症状は、マスクやコロナワクチンに含まれる「酸化グラフェン」によって引き起こされますので、新規コロナ感染者のほとんどがワクチン接種者だったというのは、ある意味、当然のことだと言えます。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

イルミナティは私たち庶民にワクチンを接種させ、人口削減を推し進めると同時に、コロナのような症状が出るように仕向けてパンデミックを演出してきたのです。

このようにコロナワクチンを接種しても全く意味がないどころか、むしろ身体に大きな障害をもたらすことになりますので、絶対に接種することはあってはいけませんし、できるだけ多くの人にこの事実をシェアして、尊い命を守っていかなければなりません。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

○【創価国】コロナの恐怖を我先にと煽ってきたイスラエル、いち早く規制解除で茶番から脱却

○イスラエルで再びコロナ茶番が再開 デルタ変異株で子供たちが感染していると嘘をつくユダヤ人

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment