RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ワクチンを拒絶する人々が続出 広島のワクチン予約率わずか2% 東京・大阪でも26%どまり

広島県福山市で7日、コロナワクチンの高齢者向け大規模接種が始まりましたが、1日1800人の枠に対し、接種したのは福山市(80歳以上)、同県世羅町(65歳以上)の88人と、急きょ追加した医療従事者ら計233人にとどまったことが明らかになりました。

福山市の県立ふくやま産業交流館「ビッグ・ローズ」の大ホールには、医師や看護師ら約120人が待機していましたが、訪れる人はまばらで、予約率も計1万8000人の枠に対し、7日午後8時45分時点で、たったの2.3%(424人)しか埋まらなかったとのことです。

○大規模接種で無断キャンセル4081人…14~20日の予約は26%どまり

また、東京と大阪の大規模接種会場では、8日午後5時時点で、14〜20日の予約枠が10万5000人に対し、26%(2万7145人)しか埋まっておらず、当日にワクチン接種の無断キャンセルをした人も4081人に上ったとのことです。

政府が大規模ワクチン接種に向けて手間取っている間に、ワクチンの危険性がかなり広く認知されたことは間違いありません。

イルミナティはこれまで、あの手この手でワクチンの危険性を隠蔽してきましたが、全て無駄な足掻きに終わったようです。

彼らは莫大な財力をもってしても、庶民から見向きもされず、これからますますオワコンと化するに違いありません。

これからも続けてイルミナティの悪なる計画がすべて頓挫するよう、皆さんで心一つにしてお祈りし、大切な国民の命を守っていきましょう。

〇「陰謀論がコロナ収束を妨げている」という陰謀論が大手メディアで報道される

〇「陰謀論のせいで家族関係が破壊された」と言い、ワクチンによる人口削減を図る大手マスゴミ

○コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

米ファイザー “コロナ特需”でボロ儲け コロナワクチン売上2兆8300億円となる見通し

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

【韓国】90歳女性、ファイザー製ワクチン接種2時間後に死亡

【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment