RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

「2千円で死ねと?」コロナワクチン接種者に商品券配布

大阪府羽曳野市が、新型コロナワクチンの接種率を上げつつ、地域の活性化へつなげるため、接種を受けた市民に1人2千円分の商品券を配る取り組みを計画しています。

商品券が受け取れるのは、ワクチンを2回接種した16歳以上の市民で、「接種済証」を指定の施設で提示すればよいとのことです。

今回の商品券配布施策は、ワクチン接種を促進させたい市側と、コロナ禍で厳しい地域経済を活性化させたい商工会側の利害が一致した結果、行われるようです。

しかしコロナワクチンは、重篤な副反応を発症し、最悪の場合、死に至るほど危険なものです。

○【猛毒】コロナワクチン接種2回目で副反応が大幅増加

たった2千円の商品券のために命を引き換えにしろというのでしょうか。

しかも、河野太郎規制改革相は、コロナの感染拡大に伴い、コロナワクチンの中でも最も死亡率の高いファイザー社製ワクチンを追加発注し、全ての日本人を殺戮しようとしています。

○【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

今後、羽曳野市だけでなく、他の地域でも同じような施策で庶民をワクチン接種に誘導する動きが見られるでしょうが、イルミナティの姑息な罠に引っかからないよう、多くの人々に注意を促していく必要があります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment